SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  海城中学校・海城高等学校  >  新着情報

新着情報―海城中学校・海城高等学校―

2014/3/11

ベンジャミン・トバクマン先生登場!

3月8日(土)、在校生とその保護者を対象に海外留学・進学講演会が開催され、およそ250名の参加がありました。
出席した保護者の半数以上がお父さんで、父親の教育への関心の高さがうかがえました。

会の冒頭、グローバル教育部の春田裕之部長より、留学に関する内規と海外大学進学へのサポート体制について説明がありました。




次に、留学カウンセラーの西澤めぐみ氏より「世界へ飛び出そう!目指せ!グローバル人材」をテーマに、英語圏各国への留学や海外進学の概要や特色について講演がありました。

最後に今月より英語科専任教員(グローバル教育部所属)として着任されたベンジャミン・トバクマン先生が登壇しました。
ベンジャミン先生はハーバード大学(言語学・東アジア学専攻)を卒業後、文部科学省の奨学生として来日。東京大学大学院教育学研究科に在籍し、日本の英語教育について研究。
その後、海外大学で教鞭を取られました。

開会時にはピアノの腕前を披露。




ピアノだけでなく、母国語である英語以外にもフランス語・スペイン語・トルコ語・ヘブライ語・中国語に堪能とのこと。
もちろん日本語も堪能で、日本語での著書「カルチャーショック ハーバード vs 東大 -アメリカ奨学生のみた大学教育-」(大学教育出版、2008)は、出版当時、東京大学で一時ベストセラーとなりました。

先生からは、アメリカの大学の種類とその特色やハーバード大学の魅力についてお話がありました。
最後に「海城生には日本人の道徳観を発揮して、世界のどこにいても、自分のおかれている環境に貢献できる人になってほしい」とのメッセージが。




海城のめざす“共生教育”がまた一歩前進する予感を感じました。

海城中学校・海城高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。