SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  湘南学園中学校・高等学校  >  新着情報

新着情報―湘南学園中学校・高等学校―

2015/5/26

勇気と自信を。「ヤングアメリカンズイン湘南学園」

3月21日、湘南学園アリーナで、ヤングアメリカンズ(以下YA)のワークショップ公演が開催されました。


ブロードウェイミュージカルのようなショーをわずか3日間で作り上げます



YAは、アメリカなどの若者たち約50名と受講生が3日間で、歌やダンスを学び、ショーを作るプログラムです。これまで世界23カ国以上で実施され51万人以上が受講。日本でも今年は1月から4月にかけて全国24箇所を回り、ホームステイをしながら各地で公演を行いました。
今回の企画の詳細はこちらをご覧ください。(ヤングアメリカンズイン湘南学園特設ページ )

湘南学園の幼稚園から高校までおよそ210人が参加する大規模なこの企画。同校での開催は3年目となります。面白いのは、この企画を主催しているのが湘南学園のPTAだというところです。

佐伯佳奈子教諭(湘南学園入試広報) PTAが主催となり、そこに卒業生がサポートのスタッフとして入っています。学校関係者がサポーターとして学校を支えてくれていて、YAのメンバーのホームステイ先も、生徒の保護者の中からいいですよというお宅にお願いしてやっています。

また卒業生の中には、PTAのサポートをしたり、在学中にヤングアメリカンズと出会い、彼らのツアースタッフとして帯同し、今回湘南学園を訪れたという方もいます。

鶴田理沙子さん(湘南学園卒業生・YAキッズサポーターズ) 私が参加したのは高校生のときです。現在はキッズサポーターズという役職でいろんな会場に行き、今回その一つとして湘南学園にシフトインしています。

合言葉は「It's OK.」

ワークショップのプログラム自体は英語で行われますが、日本人キャストもおり、わからない部分は全て通訳してくれます。しかしマンツーマンでの指導も多く、最も重視しているのはジェスチャーや掛け声、合いの手など、言葉に依拠しないコミュニケーションと、それを通じた自己表現の解放です。

鶴田さん 歌いたい踊りたい、前に出たいという子たちは沢山いると思うんですけれど、その子たちにチャンスってなかなかないなと思っていて。でもYAって周りが気になり恥ずかしくてできないところに、チャンスを与えてくれる機会になるんです。選ばれる基準も結構ランダムなので、別にすごく上手くなくても、ソロで歌う機会もあるし、技術だけで判断されない場所なのかなと思います。






文字通り、誰にでも等しくスポットライトを浴びる機会が与えられる。現時点での技術ではなく、生徒たちの潜在的なやる気を引き出し、表現へと昇華させることに注目しているのです。こうした取り組みに共鳴する生徒は多く、リピーター率も高いそうです。


大石優希君「とにかく本番に向けて笑顔で自信を持って元気を出して行きたいと思います」

佐伯知夏さん(中3) 一昨年、初めてこの学校でYAの存在を知って、最初は興味本位で参加したんです。もともと人と関わることが苦手な部分があるんですけれど、YAの方は優しく接してくれるので楽しくて、それで今回また参加しました。元々歌も踊りも好きで、やりたいことが全部できるという点もそうですが、みんなで作り上げて行く感じがとても好きです。
大石優希君(中3) 僕も一昨年に母親から勧められて、今年で3回目になります。外国の方々と英語で会話ができるというのもいいですし、それに加えて僕は歌も好きなので、自由に自分の思いを歌やダンスで表現できるということにすごく感動ました。YAの方々はものすごく元気なので積極的に話しかけてくれるんです。その彼らの気持ちについて行くというか、乗っかって、みんなで楽しめるようになりました。



佐伯知夏さん「最初はどこの部分を習ってるのかわからなかったんですけど、次第に完成形が見えてきて、すごいわくわくしています」

また、保護者の目から見ても、子どもたちの変化ははっきりと見て取れるといいます。

種子島さん(PTA副会長) 息子は現在高校3年生でオーストラリアに留学しています。でも元々は英語があまり好きではなく、3年前YAに参加したときも、男の子でしたし踊りや歌なんてとんでもない話で、本人としては最初は嫌がっていたんです。けれど「1回やってみなさいよ」と勧めて始めたところ、初日帰ってきたその時からノリノリで歌の練習を始めました。みんなと一緒にやることがとても楽しいらしく、本当に一生懸命やっていたので、すごく嬉しかったです。
今回見させてもらって思うのは、やれる子ももちろんやるんですけれど、この子がと思う意外な子たちが大きい声で歌ったり踊ったり、嬉しそうに始めるんですね。それこそ1日目は、すごく好きなんだけどちょっとドキドキしている感じだったのが、2日目になると「今日やりたい」と少し自信が出てきて、3日目になると「やれるぞー」って顔になるんです。YAの人たちはいつも顔を見ながらやってくれて、「It's ok.大丈夫大丈夫」と言って引っ張り出してくれる 。その言葉が合言葉になって、殻を破り一歩違うことができる、その感動があります。



誰かがパフォーマンスをすれば、「ありがとう」「すごい上手」と声をかけ、自然に拍手が起こります。「最初はYAの方々が拍手の意味はこうなんだよと教えてくださって、最終的にみんな自主的にやるようになるんです」(佐伯知夏さん)
また、舞台袖に引き上げるときにはハイタッチしたり、上手く輪に入れない児童がいれば、隣に座って勇気が出るまで一緒に待ちます。このように、何かを教えるのではなく、自分の中に本来あるものを引き出すことを丁寧に行っていきます。

そしてそれはショーとしての個性にもつながっており、生徒たちのモチベーションを高めるだけでなく、表現に活かしているのが特徴です。多くの場面でソロパートを用意し、誰もが主役になる瞬間を用意した構成は、それぞれの特技や嗜好を活かした個性豊かなパフォーマンスとなっており、観客を楽しませます。稽古は和やかに行われていますが、舞台を意識した適度な緊張感は失われることがありません。目標は上演。海外の人との交流に加え、クリエイティブの現場にいるという刺激が、集中力を高め、短期間での見違える成長につながっているのです。

生徒が主役の学園

冒頭でお伝えしたように、YAを招いた今回の企画を主催しているのは湘南学園のPTAです。

種子島さん YAを始めた一番最初のきっかけはご覧になった方がいらっしゃって、それがたまたま理事長の耳に入り色々調べられたところ、素晴らしい活動をしていると。だったらぜひともうちでやりたいということで始まりました。企画自体は1年がかりで行っています。運営は先生方と合わせて17名で、そのうち10人くらいがPTAです。

他にもPTA・保護者が積極的に参加する行事・企画は様々あります。2013年には創立80周年を記念してカフェテリアが完成。新たにNPO法人「湘南食育ラボ」を設立し、栄養士は資格を持つ卒業生が、運営は保護者が行っています。(過去の記事 カフェテリア完成 NPO法人にて運営 )

こうした保護者・卒業生・同窓会・後援会が学校をバックアップする体制が、組織的に運用されていることは私学でも非常に稀なことで、教育の機動性を高める強靭な土台となっています。

こうした柔軟な体制のもと推進しているのが国際教育です。様々な海外ツアーや交換留学制度が用意され、興味を持てば何度でも参加できる企画が多いことが特徴です。
また留学生を迎え入れる活動も盛んです。姉妹校であるオーストラリアのノックススクールとの間で、交換留学生制度を結んだり(過去の記事 オーストラリアの親友にまた会える! ノックスジャパンツアー )、慶應義塾大学湘南藤沢キャンパス(SFC)の留学生との交流会を開くなど、新たな企画が次々と生まれています。

佐伯教諭 外に行きたい人が行くだけではなく、学校の中にもお迎えする。大きい学校じゃないのでそこが柔軟にできるんです。 その中の一つとして、YAはすごくいい取り組みだと思います。他とはまた内容が異なり、自分を出せるというか見つめられる。サポーターがついて、照明を浴びてソロで歌って、そういう経験がすごく自信になるんです。

こうして培った自信が、外との壁を取り払い、新たなチャレンジに結びつく。そしてその気になれば何度でもチャレンジできる。意欲を生み、意欲に応える体制が整っているのは、「生徒が主役の学園」という意識が教員・保護者・卒業生などに広く浸透しているからなのです。


リハーサルを終え、いよいよ本番。
YAと210名の生徒たちが、わずか3日間で作り上げた、驚きのショーをご覧ください。










湘南学園中学校・高等学校 にて最新ニュースがご覧いただけます。

2014/10/17

オーストラリアの親友にまた会える! ノックスジャパンツアー

9月20日から10月2日、湘南学園にオーストラリア・メルボルン市のノックス校から交換留学生10名がやって来ました。


生徒の自宅にホームステイして、茶道や三味線、長唄、日本舞踊や柔道、剣道などの日本文化を体験するとともに、江ノ島やディズニーランド、鎌倉への遠足など盛りだくさんな2週間です。

湘南学園とノックス校は姉妹校として、夏休みに湘南学園の生徒がノックス校を訪れるオーストラリアセミナーと、ノックス校の生徒が湘南学園を訪れるノックスジャパンツアーを毎年行っています。

取材に訪れた日は、書道、将棋、英語、フレンドシップパーティーが行われました。

書道に挑戦! なかなかの力作です
書道の時間では、高1の湘南学園の生徒と一緒に文字を書き、和紙をパウチ加工して世界に一枚だけのオリジナル下敷きを作成しました。

“Wow, this is difficult…”と、初めて書道の筆に触れるノックス生たちは悪戦苦闘です。湘南学園生に見本を書いてもらい、墨だらけになりながらも好きなアニメのタイトルや動物の名前を完成させました。


「英語で話すのはすごく緊張しました」と湘南学園生。しかし「『何を書きたい?』と漠然とした質問だと相手も戸惑ってしまうので、好きな動物やキャラクター、季節を具体的に聞いて、文字にしました」としっかりコミュニケーション力が身に付いている様子です。

筆を使いこなし、自分の名前を英語やカタカタで書くだけでなく、当て字を作ってもらったノックス生も。「僕は誰かの手助けをするのが大好きなので、ぴったりだと思います」と満面の笑みで作品を見せてくれたのは「助手(ジョッシュ)」君です。

またオーストラリアは移民が多く、文化、人種、言語、宗教など多様性豊かな国です。今回来日したノックス生もヨーロッパ系や中華系などバックグラウンドはさまざま。書道体験中、湘南学園生が“How do you pronounce 湘南学園 in Chinese?”と尋ねると、中華系の生徒が“湘 is シィァン, 南 is ナン…”と即席中国語講座がスタートするなど、今回の交流で世界がどんどん広がっていく様子が見て取れました。



熱中! はさみ将棋
次は将棋部ではさみ将棋の体験です。
高1と中2の将棋部7名がアシスタントとして参加し、顧問を務める山田明彦校長自ら英語を駆使し、将棋の成り立ちやゲームの説明、礼に始まり礼に終わる日本特有の作法を説明しました。


山田校長


先攻・後攻は万国共通"Rock-paper-scissors"(じゃんけん)で


いざ、盤を挟んで一対一で向き合うと、なかなかノックス生と目を合わせられなかったり言葉を発せられない生徒もいましたが、そんな時はノックス生が“So, how do we play?”とフォロー。

彼らの積極性にひっぱられるように、湘南学園生も「this, ok, this, no」と駒を一つひとつ動かしルールを確認していきます。

初めはルールを飲み込めず、眉間にしわを寄せていたノックス生でしたが、実際にゲームを始めると少しずつ硬さも取れ、ゲームに没頭。なかには将棋部を負かすノックス生もいました。

言葉は通じずとも、盤の上でのコミュニケーションはとても活発。
控えめだった湘南学園生も最後には、“Do you like Shogi?”と相手の目を見て語りかけ、真剣な顔で将棋に向き合ったノックス生は“Yes, Yes!!”と笑顔で回答。

ひとつのことに取り組むことで、言葉を越えたコミュニケーションが実現した瞬間でした。


聞くだけで終わらせない。積極的なコミュニケーション
5限目は高2生を対象としたノックス生の自己紹介プレゼンテーションです。

美術に力を入れている生徒の作品がパワーポイントに映し出されると、「え? これが高校生の作品?」「すごーい」と湘南学園生から感嘆の声が上がります。また、好きな科目としてpsychologyが紹介されると、英語科の荒木先生が「psychologyってどういう教科かわかる人?」とすかさず湘南学園生に質問。

「ええと、心理学…?」生徒が答えると「そう、オーストラリアの学校では、心理学や演劇といった日本の高校では勉強できない科目を学ぶことができるんだよ。今回のメンバーのなかには、この夏、舞台俳優デビューした生徒もいるんだ」と、英単語や日本とオーストラリアの文化の違いを解説します。「へぇ、いいなぁ」という声がもれるなど、受身にプレゼンテーションを聞くだけでなく、英語を学びつつ現地の文化を肌で感じられる仕組みになっています。


この英語授業のシメは全員参加での英語版「なんでもバスケット」。
椅子を丸く並べ、円の真ん中に立った鬼の“Anyone who…”の後に続く質問にあてはまる生徒が別の席に移動するゲームです。

“Anyone who eat breakfast!”
“Anyone who are wearing skirts!”
“Anyone who like egg!”

質問が飛ぶたびに、湘南学園生もノックス生も歓声を上げながら椅子の円の中を走り回ります。


とっさに日本語で「ここ! ここ空いてるよ!」とノックス生に声をかける湘南学園生もいれば、“Here! Hurry!!”と逆も然り。最後“Anyone who are sitting down!”と、なんでもバスケット最終奥義で全員が移動。日本語・英語が飛び交うなかで、生徒同士が自然と通じ合う様子はとても不思議な光景でした。同じように手をたたき、笑い合う姿を見ていると、同世代のティーンエイジャーが心を通わせるのに必要なのは、言葉ではなく「楽しい!」という共通の体験なのだと感じます。

>


ホストファミリーも参加
生徒が主役のフレンドシップパーティー
この日の最後の演目は、フレンドシップパーティー。夏休みのオーストラリアセミナーに参加した生徒やホストファミリーとしてノックス生を受け入れた在校生の家族、昨年のホストファミリーや海外研修参加希望の中学生など、たくさんの人が残りわずかとなったノックス生との交流を楽しみました。


パーティーに向けて準備中


披露するダンスの練習


いざ、パーティーのスタート!司会はオーストラリアセミナー参加の生徒が行った


ダンス部がエネルギッシュなダンスを披露


湘南学園生の歌にノックス生飛び入り!


きゃりーぱみゅぱみゅの曲に合わせたコミカルなダンス


オーストラリアの歌を大合唱


来年、セミナー参加希望の中学生が手品で会場を盛り上げた


湘南学園生・ノックス生の出し物に会場が沸くなか、一番の盛り上がりとなったのは両校の生徒が合同で演奏・合唱した「アナと雪の女王」主題歌Let It Goでした。


オーストラリアセミナー最終日にノックス生がバンド演奏をしてくれたことに感動した湘南学園生が、「今度は一緒に演奏したい」と今回のツアー参加者に提案。事前に楽譜を送り、それぞれ練習を重ねてきたとのことです。パーティー直前、一緒に譜面を見ながら音合わせをしたり、ギター・アンプの調整をしたりと共にひとつのものを作り上げる姿は、言葉や文化の壁など一切感じさせないほどに自然体でした。


オーストラリアに親友ができる
「自分が希望する世界へ何度でも」。それが湘南学園の海外セミナー
ノックスジャパンツアーの取材で一番印象に思ったのは継続的な交流の重要性です。今回のツアーやオーストラリアセミナーを通して友達になった生徒は、イベントの後もメールやSNSなどで連絡を取り合い、お互いの近況をリアルタイムで知るだけでなく、同校が提供する2週間・10週間・1年間の3コースでの交換留学制度で、何度でも海を越えて友人に会いに行けるチャンスがあります。

今年のツアーに参加したノックス生も10名のうち4名が去年のリピーター。夏休みのオーストラリアセミナーで湘南学園生と友達になった生徒もたくさんいました。

フレンドシップパーティーにも「娘から去年受け入れた生徒が今年も来ていると聞いたので会いに来ました。私を見つけるとすぐ駆け寄って来てくれて、とてもうれしかった。元気な顔が見られて良かったです」と笑顔で話す保護者の姿が。子どもを見守る家族ぐるみでの付き合いが国境を越えて実現しているのです。

テレビやインターネットでは、毎日のように国境や宗教、民族による対立が取り沙汰されている一方、世界はどんどんつながり、近い将来、日本国内の多様化も予想されています。そんなとき、偏見を持たずに多種多様なバックグラウンドを持つ同世代と友情を育んでいる湘南学園の生徒たちは、新しい価値観を受け入れ、対話を通して社会の行く末を模索できる力をもっています。6年間で培われる確かな人間力。新時代を支える若者に出会えた気がしました。


詳細は

湘南学園中学校・高等学校ウェブサイト でご確認いただけます。


2014/7/28

漁業、農業を体験し、学校周辺の地域を知る

完全中高一貫校である湘南学園では、中1から高3までの各学年で系統的な「総合学習」を20年以上前から行っており、社会に生きる人びとから、現代の重要テーマを直接学び、体験することで、自らの将来への意欲と問題意識を育んでいます。
今回は中学2年生2クラスの漁業、農業の体験を取材しました。

9時に学校を出発したC組は鵠沼海岸で、藤沢市漁業協同組合の堀川組合長さんから当地の漁業が六次産業化した経緯などのお話を伺った後、ご指導をいただきながら「しらすのかき揚げ作り」「鯵の三枚おろし」「鯵フライ作り」を体験します。
なお、このクラスは先週、堀川さんのご子息が経営する店舗「堀川網」で、漁船「堀川丸」が漁をした、しらすの加工、販売状況を見学しています。


約15分の道のりを整然と鵠沼海岸へ向かう


堀川さんにご挨拶


堀川さんのお話しは、①藤沢市の都市化に伴い漁業が衰退したこと ②人口増化、観光都市への流れに乗り六次産業化に移行し、軌道に乗っていること ③漁業従事者が戻りつつあること(堀川さんのご子息も大学卒業後に家業を継ぐ決心をなさった由) ④協同組合と漁業権 ⑤密漁の実態 ⑥生活を守るための漁場の監視 ⑦法律を守ることの重要性など多岐にわたり、「自分の将来は自分で決めるんだ。努力して幸福をつかんで欲しい」との激励で、締められました。


堀川さんの講義風景



続いて、地元で獲れたしらすを使ったかき揚げを作ります。
「油はとても熱いから、充分に注意して揚げるように」。堀川さんのお手本に倣い、全員が一つづつ、かき揚げを作り上げました。






次の体験は、鯵の三枚おろしと鯵フライ作りです。
「包丁は良く切れるから、やり方をよく見ておくんだよ」
「尾びれの手前の鋭いうろこの名前知っている?」
「ぜいご」
「あー、良く知っているねー。ぜいごも骨もきちんと除くんだよ。食べた時に口の中を怪我しないように」






当初、慣れない包丁さばきと内臓の気味悪さに戸惑っていたが、それぞれに無事完了。

三枚におろした鯵をフライにします。
「ぽちゃんと入れると油が跳ねて火傷する。鍋のふちからゆっくりと入れるように」
堀川さんから改めて注意の声が飛びます。




かき揚げに比べ、明らかにスムーズに2枚ずつ揚げ終わりました。


かき揚げと鯵フライの完成でーす



いよいよ、待ちに待った昼食タイム。


鯵は2枚、かき揚げは一つずつ



「やはり自分の手で、苦労して作った食事は、美味い」




私もご相伴に与りましたが、これまでのどのかき揚げより、鯵フライより美味しかった。ごちそうさまでした。
その余韻もつかの間、農業体験のE組を取材するべく、善行駅へ移動。

石井農園に着くとまだ1時前で、休憩中でした。




午前中は、枝豆の収穫をし、きゅうりとピーマンを収穫し袋詰めしました。
枝豆は茹でてくださっています。
午後は、ムシロで保管している玉ねぎの根を切り、出荷するように整えます。




隣のお宅にも同じクラスの体験チームがいました。
こちらは収穫作業はなく、一日中草刈りに精をだしていました。




農業における草刈りの重要性を知り、黙々と取り組んでいました。
君たちは偉い。素晴らしい。




石井農園に戻ると、皆席に着き、石井さんとの質疑応答が始まるところでした。
机の上には、先程茹でて下さった枝豆ときゅうりの漬物、そして、お茶が用意されています。




・一部の借地を含め6千坪の畑を夫婦二人で管理している。
 藤沢市の援農ボランティア11名のお力添えがなければ、やりきれない。ありがたい。
・常に収穫が上がるよう、作物のローテーションを組んでいる。
・わが国の食料自給率は決して高くないが、少なくとも維持しなければならない。
・藤沢市では、漁業ほど農業は六次産業化が進んでいない。
・皆さんから「農業の大変さを知った」と言っていただき、嬉しいが、何の仕事も勉強も大変だ。全て頑張れば
 頑張っただけの成果がある。
生徒たちからの質問への回答も含め、貴重なお話をいただきました。
そして最後に「皆さんも結婚して、一人でも多く子供を育て、人口の減少を食い止めてください」と、元気づけられました。

地元の皆様方は、仕事のやりがい、楽しさ、厳しさを笑顔とともに説いてくださいました。生徒たちの心に深く刻まれた、その言葉の一つ一つは将来、どこかの場面で必ずや花開くことでしょう。

湘南学園の総合学習について、詳しくは

湘南学園中学校・高等学校ウェブサイト でご確認ください。

2014/6/13

カフェテリア完成 NPO法人にて運営

平成25年(2013年)に創立80周年を迎えた、湘南学園。
その記念事業として、理事会・教職員・PTA・後援会・同窓会が学園の発展と子供たちの未来のために力を合わせ、次の3つの基軸を進めてきました。
①小学校校舎の増改築 ②創立80周年記念館の新築 ③教育振興基金の創設
今回は、このうち80周年記念館について取材しました。

湘南学園のイメージを表すと下図のとおりです。




教職員、保護者はもちろんのこと、卒業生、地域の方々がこぞって生徒の成長に力を注ぐ学び舎なのです。

そして80周年記念館には、カフェテリア、同窓会室、フリースペースが設けられ、生徒への学園の熱い思いと湘南学園らしさを象徴する存在となっています。
また、カフェテリの運営では、次の諸項目などを実現するために、NPO法人「湘南食育ラボ」を設立しました。
①生徒に安全・安心・健康でおいしいものを食べさせたい
②そのために、業者委託をせず、栄養士は資格を持つ卒業生が、運営は保護者が行う
③地元食材の積極使用(地産地消、20年以上続く総合学習の学びも生かすため)
 生鮮食材を出向いて仕入れるための冷凍車所有
④お皿に校章入りの強化磁器を採用(本物に触れ、使いこなせるようになるため)
⑤専用カードで、各生徒の情報をもとに食物アレルギーの確認や栄養バランスの集計、精算を行なうシステムの導入
 セキュリティー対策として、生徒の情報は専用サーバーのみで管理し、カードに情報を蓄積しない
⑥昼食だけでなく、放課後の軽食、朝食、弁当を提供する(次年度以降)
⑦同窓会、会議などの校内催事での利用
⑧本NPO法人運営ノウハウの他校への伝承

取材当日のメニューは、ツナときのこのトマトソースパスタと牛彩丼の2種類。
皆、和気あいあいと食事を楽しんでいました。


校舎側から記念館を臨む




エントランス




フリースペース① この奥に同窓会室が設けられている




フリースペース② この日は学園の80年史が写真を中心に掲示されていた




注文機:カード(プリペード)をかざし注文




注文機のボードにはメニュー、残金額の他、アレルギー表示も




本日のメニュー「牛彩丼」




「ツナときのこのトマトソースパスタ」




受取カウンター:読取機にカードをかざす




座席は216席










保護者スタッフからのメッセージ




今日は僕が下げ担当



湘南学園中学校・高等学校については

湘南学園中学校・高等学校ウェブサイトをご覧ください。