SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  麗澤中学・高等学校  >  新着情報

新着情報―麗澤中学・高等学校―

2014/8/25

なるほど! 言語技術!


麗澤を訪れる度に先生にうかがうのが「言語技術教育」についてです。

――物事を論理的に捉え、解釈し、自分の意見を構築・発表する技術。
見事に起承転結に沿って書かれた生徒の文章などを見るにつけ、一応の理解はするのですが、
実はどのようにその力を培っているのかのイメージはついていませんでした。


中3イギリス研修旅行で制作するポートフォリオと高校ILコースの卒業論文



そんな折、6月19日から7月7日までアメリカのベクスレイ高校から
言語技術の先生が来日するとの情報を聞きつけ取材に伺いました。

麗澤とベクスレイ高校の交流は4年前にさかのぼり、
今回のジュリー・ホーガー先生が麗澤で教鞭をとるのも3回目だそうです。

見学したのは中3の言語技術授業。
"Good afternoon, everyone! What we're going to do today is..."
と軽快な英語が聞こえてくる教室をのぞいてみると…。


「アメリカ版と日本版の違いは? アメリカ版にあって、日本版にないものは?」
とホーガー先生が生徒に質問していました。

すると
「アメリカ版にはタマネギがありません」
「日本版の方が地面が乾燥しています」
「タイトルの位置や色、文字の大きさも違います」
「スタンリーの帽子のかぶり方や場所が違います」
「アメリカ版はシャベルが穴の中にあるけど、日本版は外に出てます」
「アメリカ版の方が穴の数が多いです」
と次々に手を挙げ発言する生徒たち。

何を話しているのかと思えば、
ルイス・サッカー著「穴」のアメリカ版・日本版の表紙の違い。
授業ではその分析と、新たな表紙の創作が行われていました。


アメリカ版


日本版



授業のポイントをホーガー先生にたずねると、
「本の表紙は、制作側から読者へのファーストコンタクト、第一印象を決める大切なものです。著者や表紙を描く画家、出版に関わっている人々は、一番に読者に伝えたいこと、そして本から感じてほしいことを限られたスペースの中に凝縮しなければなりません。なぜあるアイテムは描かれ、他のアイテムは描かれていないのか。なぜシャベルを穴の中に置いたのか。そのすべてに意味があるんです。いわば、result of choice(選択の結果)を見られる最適な素材なんです」
とのことです。

あらかた表紙に描かれたものの客観的な分析が進んだところでホーガー先生は
「それじゃあこの表紙を見たときスタンリーをどういう人だと思った?」とすぐさま
生徒の感じたこと引き出していきます。

「う~ん、日本版はシャイというか、何かを怖がっているように見えました」
「アメリカ版は自信がある感じ。穴を掘り終わった後だからかな?」

うんうん、と生徒の言葉にうなずき
「そう。表紙にはいろいろなアイテムがちりばめられていますが、強調するものによってスタンリーの印象も正反対になります。そのことを踏まえて、自分だったらどのようにこの物語を、そしてスタンリーを読み手に伝えたいですか? オリジナルの表紙を作ってみましょう。今から10分間。二人一組で描いてみてください」

初めはう~んと頭をひねっていた生徒たちも
「やっぱりゼロは出したいよね」
「スーツケースはどうする?」
とお互いにアイデアを出し合いどんどん表紙を完成させていきます。



あるグループが描いたのは、大きな山に向かって歩いていく二人の少年の姿。
「スタンリーの歩いてきた苦しい道のりと、苦難を一緒に乗り越えたゼロとの友情。そして最後に『自分のことを好きになった』というスタンリーの気持ち。この3点を本を読んだことのない人に伝えたいと思いました」



限られた時間の中で、自分の意見を相手に伝え合い形にする力。
なによりも生徒がとても楽しんで授業を受けていたのが印象的でした。


麗澤中学・高等学校のウェブサイト にて最新ニュースをご覧いただけます。

2012/10/31

女子寮 スポーツ大会を行いました

10月19日(金)に女子寮全体によるスポーツ大会を行いました。中間テスト最終日の夜、 テストでのストレスを発散させるかのように元気いっぱいバレーボールを楽しみました。試合は、各寮の対抗戦や、 16寮17寮合同チームで試合をするなど、様々なチーム分けをしながら大いに盛り上がりました。

また、12月には寮を去る6年生にとっては、受験勉強の中、貴重な寮全体での行事でした。 終わった後には、寮担任からのパンと飲み物の差し入れをみんなで食べて、お腹の方も満足の女子寮でした。

















新着ニュースが麗澤中学・高等学校ウェブサイトでご覧いただけます。