SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  横浜女学院中学校高等学校  >  新着情報

新着情報―横浜女学院中学校高等学校―

2013/11/15

「心と心を通わす」文化祭

11月4日(月)~5日(火)にかけて、文化祭を開催しました。

今年のテーマは、みんなで心と心を通わせて、文化祭を創り上げたい!という思いから「Heart to Heart ♡」に。
友だち、先輩、後輩、先生、家族。
それぞれの心の絆と、好きなことに夢中になる生徒たちの姿が見られた文化祭となりました。



本好きが集まった中3有志の「ビブリオバトル」。各自がお気に入りの本についてプレゼン。どの本が一番読みたくなったかを多数決で決める書評イベントを開催しました



理科部による「THE サイエンスSHOW」。エコカイロやスライムを作りました



高2有志「PRAY FOR 福島」。仮設住宅に暮らす被災者の方々の作品を展示・販売。売上金は復興支援金として寄付します。「福島にボランティアに行った際に、『早く地元に帰りたい』という被災者の方の思いを実感しました。最近はあまり報道もされなくなっているので、架け橋になりたいと思いました」



有志団体「Y-girls」のダンス。観客席にいる友だちから黄色い声援が(笑)



高2長崎総合セミナー展。12月に実施する総合セミナーの事前学習の内容を展示しました。一人一つのテーマで取り組み、最終的に論文としてまとめます。また、事前学習の一環として、全員が『沈黙』(遠藤周作著)を読破。愛と平和をテーマにした小論文も作成し、「永井隆平和賞」に応募します



高2海外セミナー展。希望者を対象としたアメリカ、ヨーロッパ(独・仏)セミナーの事前学習から事後学習までを展示。「日本とは文化などこんなに違うんだと実感しました」



「絵を描くのが好き!」イラスト部のみなさん。自分たちが描いたイラストのプレゼントもありました



PTAではバザーを開催。ハンドメイドチームが作った「横女グッズ:部活バージョン」は毎年大人気。月1回くらいのペースで集まって作成しているとのこと。各学年の保護者の方からいろいろなお話が聞けて親睦が深まるそうです



吹奏楽部は横浜吹奏楽コンクール金賞受賞、県大会出場を果たした曲「フェニックス」も披露



衣装チェンジでポップスも披露



ソロを終えてあいさつ



照明担当も奮闘!



場内から大声援のダンス部パフォーマンス



総勢70名のダンスは圧巻の一言



踊る書道girls。書道部中学生のパフォーマンス



文化祭のテーマの「HEART」を書に盛り込みました



今年のパフォーマンスのテーマは「つながる」。初めての試みとして、中高生が一緒にパフォーマンスに取り組み、 「つながりました」



今年6月に行われたアフリカ開発会議では、アフリカ各国首脳夫人を前にパフォーマンスを披露しました



高校生のパフォーマンス



円は「つながる」をイメージしています



チアリーディング部、ステージ前の気合の円陣



中学1年生。ユニフォームを着て初めてのステージ



中学2年生。学年毎でのパフォーマンスの披露は文化祭だけ!



中学3年生



高校生。全日本高等学校選手権大会では何度も入賞を 果たしている強豪



「ありがとうございました!」。留学生も参加しています



ステージ後の反省会にて、「もっといい演技ができたはず」と涙。「ミスしないことを大前提として生徒たちは練習していますから、一つのミスでも悔しいんですよ」と顧問の小林先生



「先の目標を見据えて練習していきましょう!納得のいかない演技をしないように」と高校キャプテン

横浜女学院中学校高等学校ウェブサイトにて最新ニュースがご覧いただけます。

2013/1/28

職場体験報告会

11月22日(木)午後、中学2年生は去る11月13・14日に行われた職場体験の報告会を行いました。 普段利用している販売店や病院、出版社など様々な職場で感じたことや、体験前に立てた目標の反省など、 2日間の貴重な体験をクラスの全員で共有しました。発表は工夫を凝らし、 具体的に提示できる資料を利用しながら行いました。

知らなかった企業の内情などを目の当たりにしてきた生徒たちは、働くことの意義や大変さをよく理解できたようです。 今後の進路志望を考える上でこの体験がいい影響を及ぼしてくれると思います。







横浜女学院中学校高等学校ウェブサイトにて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/10/23

国際交流プログラム

9月15日(土)、ドイツ、ベルリンよりCarl Bechstein Gymnasium の生徒15名と教員3名をお迎えしました。横浜女学院からは、今年の夏休み、 海外セミナーに参加してドイツとアメリカにホームスティした高校2年生、24名です。ドイツ語と英語を交えて楽しい1日を過ごしました。

参加者全員で茶道・書道体験をして日本文化に触れた後は、チアリーディング部と書道部合同のパフォーマンスです。 また、おにぎりパーティーに豆運びゲームなども行い、日本文化を伝えドイツ文化についてもお話を聞くなど、実りある時でした。



横浜女学院中学校高等学校ウェブサイトにて最新ニュースがご覧いただけます。