SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  横須賀学院中学高等学校  >  新着情報

新着情報―横須賀学院中学高等学校―

2014/4/16

インターナショナルスクールで語学力を磨く

横須賀学院中学高等学校では、「世界の隣人と共に生きるグローバル教育」をテーマに、運用できる英語力の育成に力を注いでいます。

3月には、葉山インターナショナルスクールでのボランティア活動を開始しました。
同校は、すべて英語による授業を行っており、日本人と外国籍の生徒が半数ずつ在籍しています。
このボランティアプログラムは春休みや夏休みを利用して行うもので、横須賀学院の 生徒が、幼稚園生から小学生のクラスの先生のアシスタントを務めます。

語学力に磨きをかけたいと帰国生や留学を控えた生徒、英語が好きな生徒から応募が殺到したため、①熱意、②子ども好き、③英語力の観点から、4名を選抜しての実施となりました。




インターナショナルスクールでは、たちまち子どもたちの人気者に!
生徒たちは楽しみながら、生きた英語にふれていました。

横須賀学院中学高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2013/01/23

第50回「メサイア」公演

12月18日(火)17:00から、クリスマス音楽会、第50回「メサイア」公演が よこすか芸術劇場大ホールにて、行われました。

1年生にとっては総合的学習の一貫として、また聖歌隊・聖歌隊OBにとっては1年間の活動の集大成として、また卒業生・保護者の合唱メンバーの皆さんにとってはクリスマスの喜びを共に表現し分かち合う大切な機会として、素晴らしい時を持つことが出来ました。





今回は特に第50回記念として、1年生全員によるハレルヤ・コーラスの全員合唱を行いました。 会場の一般席には、今年も早くから多くの方々がお出で下さいました。





卒業生・保護者の方々・地域の方々・近隣の教会員の皆さん・教職員OBの皆さん・その他の関係諸団体の皆様、 約1520名で一杯になった会場で、共にクリスマスの喜びを分かちあうことが出来ました。今年も裏方として多くのOBがメサイアを支えてくれました。心から感謝いたします。



新着ニュースが横須賀学院中学高等学校のサイトでご覧いただけます。

2012/10/23

オーストラリア マイアミ高校来訪

国際交流の一環として、2003年から毎年夏休み期間中に高校2年生の希望者約25名が、オーストラリアのマイアミ高校を訪れ、語学研修を行うとともに現地の生徒たちと文化交流を深めています。

以前より、機会があればぜひ本校にも来ていただくよう、藤野校長からマイアミ州立高校のベーカー校長に話をしてきましたが、10年目を迎えた今回、やっとその約束がかないました。

9月22日、高校スタッフ5名、生徒34名の総勢30名の一行は関西空港に降り立ち、大阪、京都、広島を観光した後、27日夕刻に新横浜駅からバスで本校に到着。大チャペル前で、イングリッシュクラブ、バディ、教職員の歓迎を受けました。 大チャペルでの歓迎セレモニーでは、藤野校長が歓迎のあいさつと両校の親交の歴史を英語で述べた後、中学校ハンドベル部が素晴らしい演奏を披露。感激した様子で、ホストファミリーのもとへと向かいました。









翌28日は一日本校で授業参加を始め、書道体験や学院奨学生との交流、ゲームなどで楽しいひと時を過ごしました。 放課後、クラブ見学後に行われた吹奏楽部の演奏では、スタンディングオベーションが起こるほどの感激ぶりで、 終了後は中高一貫生による沖縄伝統芸能「エイサー」の縁部に驚きと感動で2日目を終えました。 この日の様子は翌日の神奈川新聞と読売新聞に写真入りで紹介されました。













短かった2泊3日の本校滞在でしたが、大変有意義な日々を過ごしてくれた様です。29日朝、再会を期して涙のお別れをしました。 今回の事による、両行が今後さらに親睦を深め、つながりが一層強くなってくれることを切に願っています。











新着ニュースが横須賀学院中学高等学校のサイトでご覧いただけます。

2012/02/03

青山学院との教育提携の更新

2009年1月、学校法人横須賀学院と青山学院は教育提携を締結いたしましたが、この度3年間の有効期間満了にあたり、この提携を更新いたしました。
更新にあたり、両学院はますますこの提携の充実と発展を図ることを確認いたしました。

詳しくはリンク先の青山学院のホームページをご覧ください。
http://www.aoyamagakuin.jp/news/2011/007.html