SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  明治大学付属明治高等学校・中学校  >  新着情報

新着情報―明治大学付属明治高等学校・中学校―

2013/7/13

第1回「English Presentation」を開催しました

明治大学付属明治高等学校は6月11日(火)に鵜澤総明ホールにて、高2、3生による第1回English Presentationを開催しました。
この行事は創立100周年教育振興プログラムの一環として、グローバル化が進む現代において、リーダーとなりうる人材を育成するために新設されました。優秀者には海外交流体験プログラムの参加費の一部が奨学金として給付されます。

今回のテーマは高2が「世界の中の日本を紹介する」、高3が「for against (賛否両論あるテーマを選び、どちらかの立場に立ってプレゼンすること)」。
出場希望者を募り、プレゼンテーションの骨子を記載したアイデアシートの完成度、下調べの充実度等をもとに選考を重ねた結果、7名がファイナリストとして選出されました。

当日は、審査員として、明治大学理工学部管啓次郎専任教授、同経営学部キアナン・パトリックJ.専任准教授、同農学部マクタガート・イアン・ピーター特任准教授が出席。
会の冒頭に、金子光男校長より「このコンテストには多大な意義があると考えております。参加生徒たちは、自分で英文を書き、先生方にそれを訂正していただいた上で、暗記し、数百名の生徒たちの前で、身振り手振りを交えて発表する。
これは、生徒たちにとって大変な努力です。また、彼らのスピーチを聞いている生徒たちはどうか。これに大きな刺激をうけ、『よし、来年は、きっと自分もこれに参加しよう』と思うでしょう。こうして、自分から積極的に英語に取り組み、君たちの英語力の水準が上がっていけば、それこそ、私どもが願い、また期待するところです。
みんな、頑張って!また楽しんでください」とドイツ語で激励の言葉がありました。
その後、ファイナリストの7名は審査員、高1~3生、保護者を前に堂々としたプレゼンテーションを繰り広げました。



米山 沙織さん『Animal Testing For Cosmetics in Japan』



石曽根 毅さん『Japanese Technologies which boast of the world』



高 興さん『Courtesy of Japanese』



知見 美沙さん『Should Disabled children study in ordinary schools』



中釜 雄太郎さん『Culture of hiding』



河井 宗一朗さん『The direct election for the Prime minister』



佐藤 慧介さん『THE USELESS POWER』

パワーポイントで作成したスライド資料を含めた内容、英語力、発表の全体的な印象について審査が行われ、1位に輝いたのは米山沙織さん(高3)。テーマの選択、しっかりとした構成、英語力が評価されました。

英語科主任の村松教子教諭は「準備期間は約3か月。英語科と情報科の教員が中心となり指導しましたが、発表内容の調査・研究に関しては教科を横断して対応しました。調査については、今の生徒たちはどうしてもインターネット一辺倒になりがちですが、図書館の司書教諭の先生にも全面的に協力してもらい、さまざまな文献を読み込みました。 今回、登壇した生徒たちはクラスでは目立つメンバーではありません。
それが、こんなに堂々としたプレゼンテーションを行い、他の生徒たちにもいい刺激になると思います。
また、海外留学から帰国した生徒の変化も、生徒たちが海外に目を向けるいいきっかけとなっています。
私たち教員もこういった場の必要性を再認識しました」と話しました。

【1位に輝いた米山沙織さんのコメント】
信じられないです。準備期間は英語の文献も参考にしたりして、テーマについて深く掘り下げることができました。
もっと伝えたいことはたくさんありましたが、5分という制限のなかで割愛しなければならない部分もあり悔しかった面もありましたが、1位という評価をいただいて大変うれしいです。

今回のプレゼンテーションを通じて、物事にはいろんな側面があるということを改めて実感しました。
また、どうしたら伝わるかということを、深く追求しました。ステージを横切ったパフォーマンスは、逆サイドの人たちにしっかりと伝えるためにどのように表現しようかと考えた結果です。
クラッシックバレエを習っているので舞台での見せ方についてはアイデアが浮かびました。

今回のように、一つのことに一生懸命になれるという環境は、受験がない大学付属校ならではのいいところだと思います。
大学では国際日本学部に進学し、世界から見た日本を学び、将来の夢であるキャビンアテンダントとしての場で 活かしたいと思います。また、お互いの多様な文化を共有しあえる国際人として成長したいと思います。



1位に輝いた米山沙織さん



登壇者一同

【第1回English Presentation結果】
 1位 米山 沙織さん(高3)
 2位 知見 美沙さん(高3)
 3位 河井 宗一朗さん(高3)  中釜 雄太郎さん(高2)

明治大学付属明治高等学校・中学校ホームページにて最新ニュースがご覧いただけます。