SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  明治大学付属明治高等学校・中学校  >  新着情報

新着情報―明治大学付属明治高等学校・中学校―

2014/7/16

校長から中学1年生へ--校長面談

5月から6月にかけて、中学1年生と安藏伸治校長の面談が行われました。
「6年間の入り口に立った生徒たちに自分の思いを直接伝えたい」と安藏校長。
今回は、中学1年D組の石川ひよりさん、伊東佑奈さん、大迫菜央さん、太田采奈さん、圷隼也君、荒牧佳佑君、伊藤洸輝君、梅田大輔君との面談です。



緊張の面持ちで校長室に入ってきた生徒たち。
自己紹介がすむと、校長から「先生と3つの約束をしてください」と。

「みんなで助け合ってほしい。
今までは、受験勉強で競争してきたかもしれないけど、ここではみんな仲間。競争はしなくていいから。困ったら、助けてと声を上げる。おせっかいだと思っても、友達が困ってそうだったら助けてあげる。助けてもらったら、ありがとうと伝えること。

2つめは英語をしっかり、毎日勉強してください。
まずは、アナと雪の女王の「Let it go」を歌えるようになろう。次は、何かドラマや映画を選んで、セリフを覚えるまで見よう。図書館には、英語の本がいっぱいあるから読んでみよう。
英語をやっていると得なことは、会社に入るとき、海外赴任をするとき。明治大学に入ると海外 に協定校がたくさんあるから、交換留学制度を使って、明治大学の学費だけで海外に1年間留学できるよ。

3つめは数学。
中学受験で算数をすごく勉強しただろ?算数って解き方がわかれば、数字が変わっても解けるじゃない。数学もそれと同じ。論理がわかれば、答えられる。
気をつけることは、わからないところを早めにつぶすこと。
数学ができると何がいいって、英語ができて数学ができると生涯年収が違う。これは得だからね。

言っておきますけど、数学と英語は毎日やらないとできない。
少しずつでも、毎日やらないと。ご飯を食べたりするのと同じだよ。その二つだけを毎日やっていると、他の科目もできるようになる。



先生ね、25歳から31歳までアメリカの大学院で勉強してたの。夜12時過ぎまで勉強して、朝5時には研究室に戻る。毎日、ずーっと勉強して、その頃の勉強が一番楽しかった。
勉強が楽しいときっていうのは絶対あるから。受験の勉強はつまらない。やらなくちゃいけないから。でも、ここの中学高校の勉強は楽しいよ。

自分で不思議だなと思ったら、図書館に行って調べて、もっと不思議だなと思ったら、先生に聞く。
例えば、今、少子化って話あるでしょ。なんで少子化が起きているのかって、調べていくと奥が深いんだよ。少子化の原因は何なんだろう?奥深くまで考えていくと、解決方法が見つかる。
こういうことは学校の教科書には書いてないから、本を探して読むこと。でも、本にも間違っているものがある。たくさん読んでいくうちに、この人の言っていることは間違いだと考えるようになる。
そういうのも勉強だから。いい?教科書に載っていることだけやって、点数を上げることだけが勉強じゃない」



そして、一人一問、校長先生への質問タイム。

大迫さん : 校長先生は小さいときに、将来は何の職業に就きたかったんですか?
校長 : それが、ブーメランみたいに戻ってきちゃった。小学生のときは、学校の先生になりたかったんだよ。小学校5、6年生のときの先生が、すごく好きで。それからなりたい職業は変わったんだけど、そのことが頭の片隅にあって、大学生の時に、中学高校の先生の免許を取ったんだよ。

太田さん : 大学では、どんなことを研究してるんですか?
校長 : 人口学っていうのをやっています。一人の人間がいるといろんな情報がくっついてるでしょ。性別とか、家族構成とか。そういうのを人口学的要素っていうのね。その違いによって、人間がどういう行動をするかということをデータを使って、コンピューターを使って予測する研究をしてるの。すごくおもしろい。



荒牧君 : 今、校長先生をやってて、楽しい時はいつですか?
校長 : 1年生との面談。あとみんなが手を振ってくれたり、あいさつをしてくれたり。この前、1年生の教室に授業を見に行ったら、「校長先生が来たー」って大騒ぎになっちゃったから、帰ってきちゃったよ。キミたちと付き合うのが一番楽しいよ。



伊藤君 : 有名人の知り合いはいますか?
校長 : いっぱいいるよ。
伊藤君 : え!たとえば?
校長 : 何て言ってほしい?
伊藤君 : オバマ大統領。
校長 : オバマ大統領に会った人が友達。
伊藤君 : え?安倍首相??
校長 : そう。安倍晋三君は友達です。25歳のときから。昨日もメール送った。
伊藤君 : ええーーっ!!どこで知り合ったんですか?
校長 : 南カリフォルニア大学に留学していた時だよ。
全員 : ええーーっ!!すげえ!
校長 : でも、それは安倍首相を僕が知ってるんじゃなくて、友達の安倍君が首相になっただけだよ。ここにいる友達が国連事務総長になったり、IMFの長官になっちゃったり、そういうこと。だから、君たちもそうやって伸びてください。

最後に校長から。
「3つの約束を忘れないでね。それから、先生と友達になったんだから、しょっちゅうここをノックしておいで」

校長室を後にした生徒たちは
伊東さん「最初は緊張してたんですけど。校長先生がとてもフレンドリーに話しかけてくれたんで、最後の方は緊張もほぐれて、楽しく話すことができました」
伊藤君「想像より気さくな方でした。首相と知り合いだったり、ビックリしました」
太田さん「私たちと同じ目線で話してくださって、話しやすかったです」

明治大学付属明治高等学校・中学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2014/7/7

神宮球場で紫紺を感じる--東京六大学野球応援

5月24日(土)、中学1年生と高校1年生は神宮球場へ東京六大学野球の応援に行きました。
「新入学の生徒たちが、明治の一員だと実感する伝統の行事です」と横山晴之中学校教頭。

カードは、対立教大学戦。
「(この時点で)明治と立教は同率3位。どっちが抜け出すか、とても楽しみです」と中学1年生。
この日に備えて、音楽の時間を使って応援歌の練習をしてきました。




「この日のために買ってきました。これからも使うだろうし」。




試合開始前のエール交換。
「え?どうすればいいの?」と初めてのことに戸惑う生徒たち。




「おーお、明治ー♪」







5回表、明治先制!







8回表には明大明治の卒業生の野地選手が代打で登場。
タイムリーヒットを放つ。
「初球で決めてかっこよかったです」と中学1年生。







結果は、7-0で明治大学の圧勝。

高校1年生は
「結果として明治が勝ちましたが、両チームの全力の姿が見られてサイコーです」。
「エール交換でお互いに敬意を払い、プレーする姿に感動しました」と話していました。

明治大学付属明治高等学校・中学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2014/4/10

大学付属校ならではの学び 『高大連携スプリングセミナー』

3月26日(水)から31日(月)にかけて、明治大学の卒業生である坂本雅士立教大学経済学部教授を講師に迎え、中3から高2を対象に、高大連携スプリングセミナー『3級簿記講座』を開講しました。

同校では、明治大学と連携し、春休み・夏休み・冬休みを利用して、大学付属校ならではの学びを積極的に取り入れています。
今回のスプリングセミナー「簿記講座」をはじめ、夏休みには、サマーセミナー「法学検定4級チャレンジ講座」「TOEIC講座」「実験講座(化学・物理)」「コンピュータプログラミング講座」といった、意欲や能力の高い生徒が大学レベルの教育や資格取得にチャレンジする場を創出しています。

取材を行ったのは3月26日(水)。
「社会人になったら、必要なスキル。将来のためにがんばりたい」と受講した生徒は約30名。明治高校へ内部進学する中学3年生が大半を占めました。

初日とあって、専門用語を覚えることからスタート。




途中、グループワークを交え、知識の定着を図ります。




9時半からスタートし、昼休みを挟んで16時半まで、生徒たちは集中力を絶やすことなく真剣なまなざしで受講していました。




知識の定着のため、途中で同じ内容の確認テストを3回行いました。
「前回のテストより点数が上がった生徒は挙手!」の声にほとんどの生徒の手が挙がっていました。




演習問題に取り組みます。
わからないところは坂本教授やティーチングアシスタントを務める同校卒業生の松岡良輔さん(明治大学経営学部1年)に質問。松岡さんは高校在学中に公認会計士の勉強を始めて、簿記1級を取得したそう。「時間は確実に受験をする学校よりはあるので、その時間を利用して何かできないかと思いました。会計士は親のすすめと、バドミントン部の先輩の話を聞いて『そんな選択肢があるんだ』と思い、チャレンジすることにしました。周りの友だちも、部活や海外研修などいろいろなことにチャレンジしていましたね」。







この日一日で、大学の講義6コマ分に相当する内容を終えました。
疲れた表情ながら、満足そうな生徒たち。
「全部初めて習うことばかりだったので大変でしたが、自分が興味を持って取り組んだことですので、楽しかったです。将来的には、公認会計士の資格を取りたいと思っています」(中3男子)

「授業が早くて大変でした。吹奏楽部の先輩から話を聞いて、楽しそうだと思い、大学は商学部への進学を希望しています」(中3女子)

「とても長くて疲れたんですけど、身になることが多かったです。簿記は初めてだったので、専門用語を覚えるのも大変だったんですが、先生が何回も覚える時間をくれたので、そのタイミングで覚えることができて、新しい用語が頭に入っていきました。また、整理の時間もくれたので、自分なりに理解して進むことができました」(中3女子)

講義を担当した坂本教授は
「皆、理解力が高いですね。ですから、一歩進んだ内容を教えるようにしています。私が大学生の頃から、明大明治の卒業生たちは志が高かった。昔と今とでは、生徒たちを取り巻く環境は大きく異なりますが、志の高さは変わらない。そう感じています。若いときから、こんなに熱心に授業に取り組んでいるのを見ると、頼もしいですね。と同時に、これからもまっすぐに伸びていってもらいたい。目標を高く持って、自分のやりたいことを早く見つけて、それを実現してもらいたいと強く思います」


同校の高大連携プログラムの詳細につきましては

明治大学付属明治高等学校・中学校ウェブサイト にてご覧いただけます。

2013/12/5

紫紺祭で新たな一歩を踏み出す

11月2日(土)~3日(日)にかけて、紫紺祭が開催されました。
今年のスローガンは「紫紺旋風~明治101(とういつ)~」。
昨年、100周年を迎えた同校。
今年は伝統の上に新たな風を吹き込むという生徒たちの意欲が表れた文化祭となりました。
また、高校3年生までの生徒全員が楽しんでいる雰囲気に、来場者の方たちも笑顔になった2日間でした。



高3硬式野球部によるソーラン節「昨年、先輩たちが踊っているのを見て、自分たちも出演しようと思いました。これから伝統になればいいです」



カンナム娘。



有志男子ダンス部



野球部、サッカー部、帰宅部の精鋭が集まった三代目 M Soul Brothers



マンドリン部



書道部「コブクロが好き。この歌詞がすごく好きなんです」



ダンス部



客席から大声援



小中学生対象柔道招待試合も開催。柔道部長による選手宣誓



JRC部はフェアトレード商品の販売や老人ホームでのボランティア活動の内容を展示。「活動していくうちに、社会に対して興味が出てきました」



物理部では体験型発表を実施



化学部。「わかりやすく説明することを心がけました」



地理研究部。石巻の被災・復興について、現地調査を行い、模型や地図なども用いて発表。「実際に行ってみたら、市街地だった場所に草原が広がっていました。現実を自分の目で見られたことは大きかったです」



吹奏楽部のステージ告知演奏。ナイスアイデア!



吹奏楽部のステージ







「ありがとうございました!」と笑顔



「思い入れのない舞台は創りたくない」。応援指導班のステージ。団旗入場



中学チア



高校チア



中1の田中君にとって初めての舞台



今やテレビで有名の髙松君(中3)。超満員の会場から拍手



司会進行も務めた鈴木君(高2)は次期団長



団長として最後の舞台。「友だち、家族に感謝の気持ちを伝えたい」と本多君(高3)



リーダー長を務める外山君(高3)



やっぱり明治がナンバーワン



最後は校歌。「舞台での一体感は伝統であり誇り」という 団長の言葉通り、会場が一体となりました

明治大学付属明治高等学校・中学校ホームページにて最新ニュースがご覧いただけます。

2013/7/13

第1回「English Presentation」を開催しました

明治大学付属明治高等学校は6月11日(火)に鵜澤総明ホールにて、高2、3生による第1回English Presentationを開催しました。
この行事は創立100周年教育振興プログラムの一環として、グローバル化が進む現代において、リーダーとなりうる人材を育成するために新設されました。優秀者には海外交流体験プログラムの参加費の一部が奨学金として給付されます。

今回のテーマは高2が「世界の中の日本を紹介する」、高3が「for against (賛否両論あるテーマを選び、どちらかの立場に立ってプレゼンすること)」。
出場希望者を募り、プレゼンテーションの骨子を記載したアイデアシートの完成度、下調べの充実度等をもとに選考を重ねた結果、7名がファイナリストとして選出されました。

当日は、審査員として、明治大学理工学部管啓次郎専任教授、同経営学部キアナン・パトリックJ.専任准教授、同農学部マクタガート・イアン・ピーター特任准教授が出席。
会の冒頭に、金子光男校長より「このコンテストには多大な意義があると考えております。参加生徒たちは、自分で英文を書き、先生方にそれを訂正していただいた上で、暗記し、数百名の生徒たちの前で、身振り手振りを交えて発表する。
これは、生徒たちにとって大変な努力です。また、彼らのスピーチを聞いている生徒たちはどうか。これに大きな刺激をうけ、『よし、来年は、きっと自分もこれに参加しよう』と思うでしょう。こうして、自分から積極的に英語に取り組み、君たちの英語力の水準が上がっていけば、それこそ、私どもが願い、また期待するところです。
みんな、頑張って!また楽しんでください」とドイツ語で激励の言葉がありました。
その後、ファイナリストの7名は審査員、高1~3生、保護者を前に堂々としたプレゼンテーションを繰り広げました。



米山 沙織さん『Animal Testing For Cosmetics in Japan』



石曽根 毅さん『Japanese Technologies which boast of the world』



高 興さん『Courtesy of Japanese』



知見 美沙さん『Should Disabled children study in ordinary schools』



中釜 雄太郎さん『Culture of hiding』



河井 宗一朗さん『The direct election for the Prime minister』



佐藤 慧介さん『THE USELESS POWER』

パワーポイントで作成したスライド資料を含めた内容、英語力、発表の全体的な印象について審査が行われ、1位に輝いたのは米山沙織さん(高3)。テーマの選択、しっかりとした構成、英語力が評価されました。

英語科主任の村松教子教諭は「準備期間は約3か月。英語科と情報科の教員が中心となり指導しましたが、発表内容の調査・研究に関しては教科を横断して対応しました。調査については、今の生徒たちはどうしてもインターネット一辺倒になりがちですが、図書館の司書教諭の先生にも全面的に協力してもらい、さまざまな文献を読み込みました。 今回、登壇した生徒たちはクラスでは目立つメンバーではありません。
それが、こんなに堂々としたプレゼンテーションを行い、他の生徒たちにもいい刺激になると思います。
また、海外留学から帰国した生徒の変化も、生徒たちが海外に目を向けるいいきっかけとなっています。
私たち教員もこういった場の必要性を再認識しました」と話しました。

【1位に輝いた米山沙織さんのコメント】
信じられないです。準備期間は英語の文献も参考にしたりして、テーマについて深く掘り下げることができました。
もっと伝えたいことはたくさんありましたが、5分という制限のなかで割愛しなければならない部分もあり悔しかった面もありましたが、1位という評価をいただいて大変うれしいです。

今回のプレゼンテーションを通じて、物事にはいろんな側面があるということを改めて実感しました。
また、どうしたら伝わるかということを、深く追求しました。ステージを横切ったパフォーマンスは、逆サイドの人たちにしっかりと伝えるためにどのように表現しようかと考えた結果です。
クラッシックバレエを習っているので舞台での見せ方についてはアイデアが浮かびました。

今回のように、一つのことに一生懸命になれるという環境は、受験がない大学付属校ならではのいいところだと思います。
大学では国際日本学部に進学し、世界から見た日本を学び、将来の夢であるキャビンアテンダントとしての場で 活かしたいと思います。また、お互いの多様な文化を共有しあえる国際人として成長したいと思います。



1位に輝いた米山沙織さん



登壇者一同

【第1回English Presentation結果】
 1位 米山 沙織さん(高3)
 2位 知見 美沙さん(高3)
 3位 河井 宗一朗さん(高3)  中釜 雄太郎さん(高2)

明治大学付属明治高等学校・中学校ホームページにて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/10/18

第6回台湾国際音楽祭に本校吹奏楽班が招待され公演の成功を収めました

本校吹奏楽班は、4月20日より23日まで第6回台湾国際音楽節に招待され、大歓迎を受けました。台湾公演は、まずは副校長による東日本大震災後多額の義援金を贈ってくださったことへの感謝の言葉より始められました。親日感情の強いことで知られている台湾の方々は会場中に響き渡るほどの拍手で応えてくれました。

本校吹奏楽班の演奏が始まると心からの感動なのか、演奏を聴きに来ていた子供たちがステージ前に集まり出し、曲に合わせて踊りだす一幕もありました。AKB48をまねたパフォーマンスも大喝さいを受け、公演後には芸能人のようにサインを求められたり握手を求められたりすることもありました。班員たちは、演奏をする喜びを心から感じたと思います。顧問の指揮者をされた鈴木先生の人気も高く、通常日本で見られるポスターの3倍もあるものが街中に貼られていました。議員の方や新聞社の方も来られ大人気と拍手のなか、 公演は終了しました。



明治大学付属明治高等学校・中学校ホームページにて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/7/19

鵜澤総明教育振興・奨学金プログラム

創立100周年記念事業の一つとして「鵜澤総明教育振興・奨学金プログラム」を創設しました。
この奨学金プログラムは、本校がこれまで歩んできた100年の伝統と偉業を継承するとともに、新たな100年を見据えた教育振興・奨学金プログラムです。

このプログラムによる最大のねらいは、100周年記念事業募金による寄付金(積立金)を原資とする奨学金の活用による、海外留学、体験学習、受け入れ留学生との交流等を通じてグローバル社会におけるリーダーを育成することです。

今後はこのプログラムを利用した生徒が積極的に海外に飛び出し、グローバル視野を持ち合わせた人材へと成長していくことを大いに期待するところです。
主なプログラムは下表の通りです。

名称内容
グローバル人材育成プログラム グローバル人材育成プロ">本校または明治大学の海外協定校・提携校に生徒を長期(6か月以上)派遣するプログラム。
「世界を知ろう」フィールドワークプログラム 本校が100周年を記念して実施する英語プレゼンテーション‚エッセイコンテスト等において‚ 優秀な成績を収めかつチャレンジ心旺盛な生徒を海外に派遣し‚現地におけるボランティア活動や 現地住民との交流プログラムへの参加によって‚異文化の理解や国際的なコミュニケーション能力の 涵養を図るためのフィールドワークプログラム。
海外交流体験プログラム 本校の海外協定校・提携校等と共同で実施する生徒間交流プログラム‚ ワークショッププログラム‚研修等に参加する生徒に対する支援プログラム。
訪問留学生サポートプログラム 本校の海外協定校・提携校等と共同で実施する生徒間交流プログラム‚ ワークショッププログラム‚研修等に参加するために来日した留学生に対し‚ ホームステイ先として受け入れてくれた家庭に対する支援プログラム。
文化・スポーツ海外交流支援プログラム 海外の学校‚団体等と共同で開催する研究発表‚演奏会‚交流試合等に参加する本校の班・部に対する支援プログラム。


明治大学付属明治高等学校・中学校ホームページ