SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  三輪田学園中学校・高等学校  >  新着情報

新着情報―三輪田学園中学校・高等学校―

2013/1/16

中学生の道徳・ホームルーム

3学期は、各学年が1年間取り組んできたことの集大成となります。行事や活動を通して、生徒たちの成長や成果が見られることを期待しています。

中学2年生の今学期最初の道徳・ホームルームの報告です。
1月11日のホームルームの時間を使い、「百人一首大会」を行いました。
学年全員が体育館に集合し、全部で20グループに分かれて、さあスタートです!
詠み上げるのは国語科の先生。上の句だけで次々に札をとっていく強者から、下の句が詠まれる瞬間を虎視眈々と待つ肉体派(?)まで様々です。









歓声と悲鳴、ため息と拍手が飛び交う中、見事優勝したのは22枚を獲得した2年い組の生徒。時間の関係で50枚弱しか読み上げない中、半分近くを取ったのは見事でした。本校では中2から週2時間の本格的な古典(古文・漢文)の学習が始まり、百人一首をすべて暗記することになっています。例年1月に実施される大会は、その学習の成果を発揮するチャンスなのです。

1月11日(金)に行われた中学1年生の道徳・HRの報告です。 中学1年生は、3学期の道徳のテーマである「環境」の事前学習として、「電気のない1時間を過ごしてみよう」という冬休みの宿題に取り組みました。

そして今回の道徳・HRの時間を使って、「環境について私たちに何かできることはないか」ということをグループで話し合い、発表を行いました。生徒たちは、次のような取り組みをしたようです。

・ゲームを我慢して家族でカードゲームをした。
・電気を使わずにろうそくの明かりで入浴した。
・ろうそくの明かりだけで食事をした。
・暖房を我慢して毛布にくるまった。









このような体験を通して、電気の大切さを学び、無駄使いに気付いたようです。
節電のために、今後どのような取り組みができるのかを発表してくれたグループもありました。
環境のためにできることを考え、家庭でも学校でもできることを実践していってほしいと思います。

三輪田学園中学校・高等学校ウェブサイトにて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/10/18

三輪田祭

10月6日(土)、7日(日)、第61回三輪田を開催しました。 今年のテーマは「おとぎの国」。様子をご紹介します!



開会式では、三輪田祭実行委員長・副委員長が「○○時間テレビ」のRunnnerに扮して、三輪田祭のスタートを宣言しました。



受付では、笑顔でお出迎え。



校庭に出ると「Cap Cup in 2012」が行われています。こちらはクラブごとのCapデザインコンテスト。ぜひ、投票して下さい!



体育館ではイベント「うたうまアームレスリング」が行われ、のど自慢・腕っ節自慢の生徒が会場を盛り上げました。

講堂公演"初"の長唄クラブ、そして毎年恒例の器楽クラブのコンサートも行われました。もちろん、10/7も公演があります。



長唄クラブ



器楽クラブのコンサート



百年記念館小講堂では、日頃の成果を生かし、英語のスピーチコンテストが行われました。



今年の目玉企画の一つ、「ガールズランチ」。お弁当を1食食べると、アフリカの子どもたちの給食1食分になります。



「ガールズランチ 」





Cap Cup in 2012の優勝は、"ソフトテニスクラブ"。そして、三輪田祭大賞は、"器楽クラブ"でした。

今年の三輪田祭は多くの新しい試みが行われました。
Table For Twoを通じアフリカの子どもたちの給食を届けるガールズランチ、 器楽クラブ体育館ライブの生中継、展示や校舎の案内図の充実、各団体のCM作成...などなど。 ご来場いただいた皆さん、Wonderlandとなった三輪田学園の文化祭をお楽しみいただけましたでしょうか。少しでも皆さんの楽しい思い出になってくれれば、幸いです。

高校2年生を中心とする実行委員の皆さん!本当にお疲れ様でした。きっと多くの方にたくさんの感動を届けられたはず。そして、皆さんの大切な思い出の一つになりましたね。

今年も多くの皆さまにご来場いただきまして、ありがとうございました!

三輪田学園中学校・高等学校ウェブサイトにて最新ニュースがご覧いただけます。