SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  富士見丘中学校高等学校  >  新着情報

新着情報―富士見丘中学校高等学校―

2013/9/18

サタデープログラム「対話型授業 町の中のデザイン」

9月14日(土)、建築家で日本大学非常勤講師も務める関本竜太氏を講師に迎え、サタデープログラム特別講座「対話型授業 町の中のデザイン」を開講しました。
講座は3部構成で進行。

第1部では、関本氏が実際にデザインした「隅切りの家」(八角形の家)がテーマ。
北側に桜並木がある敷地に一軒家を建設するという依頼から、どのようにデザイン~完成にいたったか。
大島規男教頭の作成した動画を交えながら、北側に窓は作らない、といった建築界の常識にとらわれることなく、敷地と向き合うことが重要であると話がありました。

第2部は、「身近な街の風景からデザインを考える」。
生徒たちが事前に提出した「私の町の1枚フォト」を素材として進められました。
短期留学で行ったバンクーバー(カナダ)の写真や登校時の駅のホームから見える風景、自宅付近の公園。
その写真から生徒たちが感じたこと、関本氏が感じたこと。いろいろな視点からの意見交換がなされました。

第3部は、「無意識のデザイン アフォーダンスとは?」をテーマに日常のありふれた風景からデザインを考えました。

「自転車のカゴにゴミが!どうしてここに捨てると思う?」
「どうやったら捨てられないようになるか?」

「門扉の上に飲みかけの牛乳パックが!どうしてここに置いちゃうんだろう?」
「置かれないためには、どうしたらいいだろう?」

「中高生の頭の柔軟さにビックリした」と関本氏が言うように、生徒たちは積極的にいろいろな意見を披露。
多様な個性が響き合う授業になりました。

最後に関本氏から 「これから将来について、いろいろ悩むときもあるかもしれないが、課題を乗り越えるのは自分の努力とユーモア。
常識にとらわれずに、ユーモアをもって考えると瓢箪から駒の解決策が生まれる」とお話がありました。

参加した生徒たちは
「いろいろ考えさせられて、おもしろかった」
「いろいろな人の意見が聞けて楽しかった」
「アフォーダンス(=行為がモノに与える意味のようなもの)という概念から、家にある風景でもデザインが生まれそう」
「将来、デザインの道に進むのもいいかな」
と大いに刺激を受けたようです。

富士見丘中学校高等学校では、土曜日を“Flex5×2”の日とし、通常授業とは異なる独自カリキュラムを組んでいます。
今回のような講座や通常授業の補講まで内容は多岐にわたるため、
「学校にいながらいろいろな体験ができるのが魅力」
「進路に参考になるのも多いので、触れられるものにどんどん触れていこうと思う」
と多くの生徒に自学の姿勢を生み出しています。



「隅切りの家」の模型に目を輝かせる







授業後の生徒アンケート。門扉の上に牛乳パックを置かれないためには!

富士見丘中学校高等学校ウェブサイトにて最新ニュースがご覧いただけます。

2013/9/13

講演会「海外留学への道」開催

富士見丘中学校高等学校では、「国際性豊かな若き淑女の育成」という教育目標の下、国際教育・国際交流の推進に力を入れています。
姉妹校への3ヶ月、6ヶ月留学など海外留学プログラムも充実。
また、ロンドン大学キングスカレッジ(英)とクイーンズランド大学(豪)から指定校の認定を受けており、海外大学進学の制度も整備されています。

9月11日(水)には、同校国際理解教育・国際交流担当アドバイザー・吉田成利氏による「海外留学への道」と題した講演会が行われました。
吉田氏はロンドン大学キングスカレッジ・ロースクール博士課程に在籍し、同ロースクール学生代表、ロンドン大学ローレビュー編集長を務めています。
講演では「なぜ海外留学か?」「国内留学と海外留学の違い」「留学と海外旅行の違い」「留学の種類」「留学に対する偏見」「留学のメリット」「今できること・やるべきこと」と 生徒たちにとって身近なテーマについて、自らの経験を交えながら具体的に説明していました。
質疑応答では、「TOFELとIELTSの違いは?」「ファンデーションプログラムの内容は?」と次々と質問が飛びました。
会終了後も、吉田氏に相談に行く生徒が後を絶たず、関心の高さがうかがえました。

「生徒たちにさまざまな機会を経験させて、刺激を与えたい」と吉田晋校長がおっしゃるように、今回の講演会には 「中学3年生の時に、修学旅行でオーストラリアに行き、海外への留学に関心を持った」という生徒、「高校1、2年生で短期留学に行き、大学進学後にまた海外留学したい」という高校3年生が多数参加していました。

吉田氏は「海外留学への道筋はできているので、生徒や保護者の偏見・不安を取り払い、背中を押してあげたい」と語り、今後、こういった場を増やしたいと話していました。





会場内に飾られたロンドン大学キングスカレッジのグッズ

富士見丘中学校高等学校ウェブサイトにて最新ニュースがご覧いただけます。

2013/2/14

ファイナリストの交流と現地でのプレゼンテーション

「ザイード・フューチャー・エネルギー賞」の授賞式が行われた1月15日からの3日間は、グローバル・ハイスクール賞ファイナリストとして、UAEで行われた様々なイベントに参加してきました。 アメリカ、メキシコ、イギリス、タンザニア、スワジランド、インド、UAE、日本という世界の多様な地域から集まった8カ国9校の生徒の交流は、刺激的で活気に満ち溢れていました。

また、2日目、3日目には、現地のAL YASMINA SCHOOL、ABU DHABI SECONDARY SCHOOLを訪問し、 中学生・高校生に本校の環境教育のプレゼンテーションを行ないました。訪問した2つの学校でも進んだ環境教育が行われており、 発表後には突っ込んだ内容の質疑応答がなされました。



インド代表校との交流



ファイナリスト各校の生徒たち



現地校でプレゼンする教頭先生



現地校でプレゼンする和三さん

■ 関連記事 「アイスランド大統領からグローバル・ハイスクール賞ファイナリストの表彰を受けました。」

富士見丘中学校高等学校ウェブサイトにて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/10/12

文化祭-生徒中心で作り上げ、一人ひとりの個性が輝いた2日間

9月22日と23日の2日間にわたり富士見丘学園の文化祭が行われました。
今年の文化祭のテーマは「瞬-またたき‐」で、どの瞬間も一人ひとりの個性が輝く発表会にしようというものです。 生徒会と文化祭企画委員が1年前から構想を練り準備してきました。

初日に行われたオープニングでは、校長先生が「生徒の前向きなパワーをご覧下さい」とご来場の皆さまに開催の挨拶をされました。生徒会長の呼びかけでステージに上がった参加団体が、それぞれの衣装とプラカードで企画の売りをPRすると、観客席から歓声が飛び最高の盛り上がりを見せました。書道部「書道ガールズ」によるパフォーマンスでは、白の着物に赤の袴と襷がけの愛らしい姿でテーマの「瞬」という文字を大きな布に描きあげました。それを1階と2階の間の踊り場の窓に掲げ、富士見丘の文化祭 がスタートしました。



美術部が装飾した正面入り口



中学生の作品展示



書道部 力の入ったパフォーマンス



今年の文化祭テーマです

メインアリーナではバレーボール部の招待試合や部活・有志の演技発表、各教室では部活の展示や発表、模擬店など飲食部門の販売が行われるため、生徒も保護者の皆さまも忙しく校内を行き交っていました。中でも中学生の展示を観た保護者の方は、その作品の出来栄えに成長の証を見つけとても喜んでいました。吹奏楽部やダンス部、バトン部、演劇部や少林寺拳法部などアリーナ発表のある各部活は、照明や音響にも工夫を凝らし、のびのびと発表を行いました。その息の合った内容や表情に、来場者からは大きな歓声と拍手が贈られていました。



ステージでのフォークソング部の演奏



ダンス部 きめのポーズ



バレーボール部 招待試合開始!



雨が降りましたが模擬店も大忙しでした

今年の飲食部門は例年人気のクッキング部の手焼きクッキーを始め、パティオで手作りされたホットドッグ、教室で販売された肉巻きおにぎりやチョコクロワッサン、ばくだん焼きなど盛りだくさんの種類が揃いました。食べ物を購入したご家族の皆さんがパティオのパラソルの下で語らいながらほおばっている姿は微笑ましいものでした。



飲食部門には多くの方がいらっしゃいました



クッキー販売 雨でも笑顔を絶やしません



バトン部中学高校のコラボ発表 We are No1!



フィナーレ 名物のコラボ発表

来場した皆さんに楽しんでもらいたいと生徒たちが工夫を重ねて準備した企画をご家族にも十分に楽しんでいただき、"瞬き"のテーマにふさわしく個々の生徒が輝いた2日間でした。

富士見丘中学校高等学校ウェブサイトにて最新ニュースがご覧いただけます。