SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  藤嶺学園藤沢中学校・高等学校  >  新着情報

新着情報―藤嶺学園藤沢中学校・高等学校―

2014/6/13

6月21、22日は藤嶺祭

藤嶺祭まで、あと8日。
準備もいよいよ大詰めです。



今年のテーマは、『 connect ~つなぐ心~ 』。
「来年の100周年に向けて、藤嶺魂をしっかりつなぐこと。
藤嶺として、藤沢ともしっかりつながろうという2つの思いを込めました。



そこで、ふじさわ観光親善大使であるつるの剛士さんをお招きし、トークショーを開催します。
最初に、藤沢市観光協会にお願いに行った時には断られてしまいました。
でも、実行委員長という職は1回しかできないので、悔いを残したくなかった。
生徒会長とも協力してビッグなことをしようと約束しました。
そこで、何度も何度も足を運び、出演を了解していただくことができました。

また、藤沢炒麺という新ご当地グルメを広めていきたいと思い、PTAの“おやじの会”にお願いして、出店していただくことになりました。“おやじの会”でつないでいっていただき、藤嶺祭の伝統になればとも思っています。

6月の開催ですが、中1企画の出し物もあります。
中1から高3まで参加していて、藤嶺の生徒たちの様子もご覧いただけると思いますし、とても楽しめると思いますので、ぜひご来校ください」と実行委員長の和田誠君(高2)。



「当日を完璧な状態で迎えられるようにがんばっています」と実行委員のメンバーたち。



高3-Cの教室では、カメラがセットされていました。
「A、B、Dは合同でお化け屋敷をやるみたいですが、オレらは映画を制作します。
脚本・演出も自分たちで、手がけています。最後のいい思い出にしたいです」と主演の平井智正君。



同じく高3の教室では、ダンス愛好会が練習をしていました。
藤嶺祭では、『チェ・ブラザーズ』として、5曲披露します。



「下手くそなりの自分たちのがんばりを見てください」と林純也君(高3)。



鉄道研究部は、過去の作品をつなげて、電車を走らせます。
「運転シュミレーションや模型のコントロールも体験できるので、小さい子たちにも楽しんでもらえると思います」と部長の村田雄大君(高3)。



無線部の部長奥沢恒太郎君(高3)は機械をいじっていました。
「藤嶺祭では、チャリティー輪投げをやります。1回50円ですが、収益はすべてユニセフに寄付します」。



美術部では、展示する作品に取り組んでいました。
「テーマは『いじめ』です。社会に向けて、問題提起になればと思います。間に合うようにがんばらないと」と部長の藤川七海君(高2)。



小川彬君(高1)のテーマは『惑星』。「天体が好きなんです」。



生物部では、タランチュラやサソリの展示に加え、金魚すくい(中にはドジョウも)やトカゲのふれ合いコーナーを予定しています。



化学部では、炎色反応とアンモニア噴水の実験を行います。
アンモニア噴水の実験は取材時には失敗してしまいましたが、当日の成功を祈ります!



カルメ焼の無料配布もあります。



作成した硫酸銅の結晶や青銅鏡も展示します。手にしているのが青銅鏡。



図書部は、創作活動中。
藤嶺祭では、自分たちの小説や絵をまとめた雑誌を1冊100円で販売します。
「SAIやphotoshopなどのパソコンソフトやインクジェットプリンターなど、創作活動の環境はとてもいいです」と副部長の佐野佑太郎君(高3)。

藤嶺祭は6月21日(土)、22日(日)10:00~15:00 に開催します。
つるの剛士さんのトークショーは6月22日(日)13:00~。
当日10:00より入場整理券を体育館前で配布いたします。
なくなり次第終了しますので、ご了承ください。

藤嶺祭についての詳細は、

Twitter_第85回藤嶺祭公式アカウント でご確認ください。

2013/8/7

中3の夏、勉強の夏

8月2日(金)~5日(月)にかけて、中学3年生は湘南国際村センターにて勉強合宿を行いました。
通常の学校の授業のほぼ倍にあたる90分間の講義を1日に4コマ受講。合間に5回の自主学習の時間をはさみ、確認テストで一日を終えるというまさに勉強漬け。
最終日には、合格した者から帰宅の途につくという恐怖の実力判定テストが行われました。

学習内容は英・数・国の3科目。
1学期で中学の学習範囲をほぼ終了したため、基礎学力の定着を重んじる藤嶺藤沢らしく総ざらいを実施。
特に短期間で成果の出やすい文法などを中心に復習しました。





初体験の90分間の授業に「いつもの授業より集中できました。先生の話も楽しくて、90分間があっという間」という生徒や「疲れて眠くなったけどがんばりました」という生徒。
わからないところを積極的に質問している姿も多く見られました。

こんなに勉強ばかりでつらいかと思いきや、「寝る前の時間が楽しいんですよ」と笑顔で話していました。





また、今春大学進学を果たした卒業生がチューターとして同行。
学習面でのフォローを行うとともに、座談会などを通じて、自身の大学受験や大学生活を披露することで、生徒たちに“やる気”を注入していました。

最終日の実力判定テストを終え、「やればできるんだ」という自信を得た生徒、がんばったのにできなかったと悔し涙を流す生徒。
さまざまな思いを胸に家路につきました。





藤嶺学園藤沢中学校・高等学校ウェブサイトにて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/11/7

高校2年生 マレーシア・シンガポール海外研修

<1日目>
成田からシンガポールを経てマレーシア・クアラルンプールに到着 少し遅れたり、忘れ物をした人もいましたが、137名無事成田出発、現地にも到着しました。6時間のフライト後トランジットして更に1時間のフライトのため、夕食は日本時間の10時(日本時間9時)過ぎで全員移動疲れで床につきました。



<2日目>
クアラルンプール現地校との交流、午後市内観光。マレーシア2日目、本日はバンダルキンララ高校との交流がありました。歓迎セレモニーから始まり、昼食後の交流パーティでは両校の生徒が大いに盛り上がりました。添乗員さんの話では、今年の学校交流はここ数年でも最高の盛り上がりだということでした。







午後は、世界史の教科書にも載っているバツー洞窟の275段階段を登り降りし、セントラルマーケットで買い物を楽しみながら、マレー系、中国系、インド系の人々が入り混じるマレーシアの雰囲気を感じました。夕食のスチームボート料理は、皆「おいしい」を連発してました。明日はシンガポールへ移動します。

<3日目>
マラッカ観光後、シンガポール入国、ナイトサファリ見学。マレーシア3日目本日も全員元気で、137名元気にマラッカ市内サンチャゴ砦観光へ向かいました。シンガポールへのバス移動中激しいスコールもありましたが、パーキングエリアや観光地等行く先々では太陽の光が射すほどの良い天候でした。







シンガポールに入国後、ナイトサファリのファイアーダンスショーでは、パフォーマー同様に(上半身)裸になって炎を振り回した人もいました。ナイトサファリは、マレーバクやヤギの仲間など夜行性の動物を見学するツアーです。動物を驚かさないために順番を待つ間にショーを見学します。 野生動物を保護するためにこの動物園のスポンサーになっている日本の企業もありました。ホテルではマレーシアからのガイドさんとの別れで大いにに盛り上がり、本日も無事に研修が終了しました。

<4日目>
現地大学生との班別研修、午後市内自主研修。自主研修の後空港に現地を出発するために写真が集まりません。後ほど掲載しますのでご覧ください。午前中は、班ごとに現地大学生と一緒に行動しました。午後は大学生と別れ、いよいよ自分達だけで行動し、夕方マーライオンの前に集合して記念撮影しました。



<5日目>
成田空港へ。前夜シンガポールを発った飛行機で、日付が変わってからの機内食。まだ暗いうちに羽田に到着し、旅の思い出を持って全員無事に家路に着きました。



シンガポール航空の機内食

藤嶺学園藤沢中学校・高等学校ウェブサイトにて最新ニュースがご覧いただけます。