SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  東京都市大学付属中学校・高等学校  >  新着情報

新着情報―東京都市大学付属中学校・高等学校―

2012/12/11

中高吹奏楽部が「せいじょう地域音楽祭」

12月2日(日)に行われた、「せいじょう地域文化祭」に中高吹奏楽部が参加し、「これからの 未来を切り開くのは、僕たち若い力と仲間との協力」をキャッチフレーズに、「宝島」と「ウエス ト・サイド・ストーリーメドレー」を演奏しました。

このようなすばらしいステージでみなさんに演奏を聴いていただけたこと、この文化祭を通じて私 たちの生活の場である成城地区の方々と交流できたことを部員一同光栄に思っています。 成城地区委員会の辻様をはじめ、学生ボランティアなど成城地域の多くの方々のご尽力に厚く御礼を申し上げます。 次は、2013年3月30日(土)、川崎市多摩市民館にて行われる第10回定期演奏会で、皆様にお目にか かれますことを楽しみにしております。入場無料です。皆様お誘い合わせのうえ、ぜひお越しください。



成城ホールのオープニングを飾るのは私たち「トシコーブラス」です。毎年楽しみにしてくださっている方もたくさんいらっしゃいます。



部員全員はとても舞台に乗ることができないので、暗譜が出来た中3生以上で演奏しました。



後輩たちは応援。お客様へのご挨拶としっかり3月30日の第10回記念定期演奏会の宣伝もしました。



いつもお世話になっている成城地域のみなさんのため、音楽に元気と笑顔を添えてノリノリで演奏しました。



学校説明会の総合司会でもおなじみ、篠田君がソロの合間にご挨拶。少し緊張したけれど、気持ちはきっとお客様に届いたはず。



演奏を終えて晴れやかな表情。一つのことをやり遂げた達成感は何物にも代えがたい財産です。

東京都市大学付属中学校・高等学校ウェブサイトにて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/10/1

中2体験旅行に出発しました

9月12日(水)から15日(土)にかけて、中2全員が岩手県八幡平市で行われる体験旅行に行きました。 豊かな自然環境の中での農業体験をとおして、生命の尊厳、勤労の尊さ、仲間と協力することの大切さなどを学びました。

<一日目>
初日の今日は見学と座学。東北新幹線を一ノ関で下車し、昨年6月、 世界遺産に登録された中尊寺と毛越寺を見学したのち、バスで一路、4日間お世話になる八幡平へ。夜は、農家の方から農業の大変さとやりがい、農作業をするときの注意について講話をいただきました。



東北新幹線で東京駅を出発。これから出会う町や人にワクワクドキドキ。



こちらも世界遺産の毛越寺(もうつうじ)。美しい庭園に心が洗われます。



4日間お世話になるホテルの方へあいさつ。「よろしくお願いします。」



明日からお世話になる農家の方の講話。「食事をするときには感謝の気持ちを忘れずに。支度も手伝いましょう」

<二日目>
今日からいよいよ農業体験がスタートします。今回お世話になるご家族は30以上。さまざまな体験を準備してくださっています。ひとつひとつの仕事や、農家の方のお話の中から、たくさんのことがらを学んでほしいと思います。



朝6時起床。農作業は全身運動、ラジオ体操で一日のスタートです。



体験学習のスタート。礼儀を重んじ、何事も笑顔で、キーワードは「ありがとうございます」。酪農家でお世話になる班の最初の仕事は、牛たちへの水やりでした。



収穫した野菜を袋詰めして産直市場に出荷します。いったいいくらで売れるのかな?



スイカ、枝豆、カボチャ、ジャガイモ…。たくさん収穫できました。

<三日目>
人間が1食に食べるお米の量を1合といい、ごはん茶碗1杯(これを炊くと2杯)、およそ180ccにあたります。 これを1000倍した単位を1石(こく)といいます。1年は365日だから、つまり、1石は1年間に食べるお米の量というわけです。 私たちは、他の尊い命をいただいて、一生の間、実に何万回もの食事をして生きているわけです。

2日間にわたる農業体験という「生命を育てる体験」をとおして、感謝の気持ちと命の尊さを学びました。



この日生まれた牛の赤ちゃんです。お母さんにそっくり!



農家の方とディスカッション。「このりんごジュースは、400円だけど手間賃や工賃などでほとんど儲けはないんだよ。」



2日間お世話になった農家の方に感謝をこめて寄せ書きを贈りました。

<四日目>
体験旅行も最終日となりました。世界遺産に心を清め、農業体験での貴重な体験の数々。思い出を胸に一路、家族が待つ我が家へ帰ります。



小岩井農場にて。明治時代、電気がない頃に使われていた自然冷蔵庫。中は12度くらいでひんやりしていました。



小岩井農場にて。明治時代、電気がない頃に使われていた自然冷蔵庫。中は12度くらいでひんやりしていました。

東京都市大学付属中学校・高等学校ウェブサイトにて最新ニュースがご覧いただけます。