SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  東京女学館中学校・高等学校  >  新着情報

新着情報―東京女学館中学校・高等学校―

2015/4/21

歌会始の儀 入選 小林理央さん(国際学級)に聞きました。

1月14日に皇居で開かれた歌会始の儀に、最年少入選者として出席した国際学級の小林理央さん(高1・当時中3)。

「入選すると思っていなかったので、宮内庁から家に電話があったときには、うれしかったです。
でも、驚きました。家族をはじめ、周りのみんなも驚いていました。
当日は、『松の間』に入ったら、空気が変わり、引き締まった気がしました」と振り返る。

披露された入選歌は
『 この本に 全てがつまつてるわけぢやない だから私が 続きを生きる 』

今年のお題は「本」。

「小さいころから本が大好き。有川浩さんの「図書館戦争」シリーズを読み終えた時に、登場人物とは、もうお別れなんだとさみしさを感じました。それに、本は、自分の知らない世界に触れることができる素晴らしいものだけど、人生は本の中にあるわけじゃなくて、自分自身で切り開いていかなければならないという思いを込めました」と話す。

「両陛下に作品について説明すると、『登場人物と別れるさみしさはわかります』と共感してくださいました。すごく貴重な体験で、自分の今までの人生の中でもとても心に残りました」

短歌は祖母の影響で5歳から始め、月に一回、集中してつくる。
「短いなかに言いたいことをどうやったら収められるかを自分で探したり、考えたりすることが短歌の魅力。これからも詠み続けたいと思います」

ちなみに小林さんは国際学級に在籍。
「クラスにはアメリカ、イギリス、ドイツ、シンガポール、クウェート、中国、インドといった国からの帰国生がいます。6年間クラス替えなしで、仲良く深い関係が築けています。また、ナチュラルに英語を話せる人が身近にいるだけで勉強になる。海外での生活について、いろいろと話してくれるので、日本と全然違っていて、楽しそうだなと思ったりしますが、だいたいみんな行ったばかりのときは、とても大変だったと言っているので、自然に英語が話せているわけではなくて、向こうで必死に勉強したから話せるようになったんだなとわかりました。

英語の授業は習熟度別で3つに分かれて受けています。帰国生でも話せて文法もできるという人もいるけど、話せるけど文法はちょっと苦手、という人もいるし、それぞれに合わせた授業で、英語が得意でなくても心配はいらないと思います」

国際学級の仲間たちと昨年4月にかるた同好会を立ち上げたという。

「中1の時の授業で百人一首をやったのですが、すごく楽しくて!じゃあ同好会をつくっちゃおうかと。でも、そんなに簡単につくれるものではなく、けっこう時間がかかりました」

サッカー研究同好会にも所属しているのだそう。

「周りの友達がいい人たちばかり。友達と一緒にいろいろとできることが楽しいです。授業も休み時間も」

最後に女学館の象徴である白いセーラー服に関して聞いてみると

「着慣れちゃっているので、特には…。でも、歌会始の儀に出席したときには、この制服でよかった!と思いました」




東京女学館中学校・高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。