SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  洗足学園中学高等学校  >  新着情報

新着情報―洗足学園中学高等学校―

2014/10/10

『笑顔満祭』の2日間 ―第67回洗足祭―

洗足学園中学高等学校では、9月14日(日)・15日(祝)、洗足祭(文化祭)が開催されました。

今年のテーマは『笑顔満祭』。学校創立90周年の年ということで特別講演など様々な企画が用意され、生徒たちの熱い思いの伝わる内容となっていました。


当日は天候にも恵まれ、夏の名残を感じさせる陽気でした



洗足祭応援キャラクターのニコリ
当日はスタンプラリーも開催していました


福祉委員会による、東日本大震災で被災した子供たちへのチャリティ「エール・チャイルド贈本企画」


入口では生徒たちがお出迎え
大勢の来場者の方と挨拶を交わしていました


受付付近は非常に賑やか。「お化け屋敷やってまーす」「マリオやってまーす」と色とりどりの衣装を着た生徒たちが看板を手に元気に声を出していました。各クラス・部活動ともアイデアに溢れた展示・飲食店・公演を行っていました。
特に注目を集めていたのが中3Dの「回せ!俺の珈琲陶器」。なんと教室内に遊園地のコーヒーカップを作り、廊下には長蛇の列ができる盛況ぶりでした。


土台を回すとカップ自体も回転する、まさしくコーヒーカップの動き!


高2Fの展示。日常のバカっこいい光景を上映し、来場者の評判も上々


美術部の展示では、高1の学年制作のiPhoneを展示。ゴッホの「夜のカフェテラス」を9種類の画材で画面にはめ込んでいます。他にも部員全員で作成した「ヴィーナスの誕生」や来場者の方の制作体験コーナーなどがありました。


iPhoneのカメラモードを再現した9種の画面


小講堂で行われた軽音楽部のライブ


また、当日は中学・高等学校の校舎だけでなく、学園内の様々な場所でイベントが企画されていました。 前田ホールでは吹奏楽部が公演を開催。中高合わせて約130人の部員が、コンクールの課題曲からアニメソング、ポップスまで幅広く演奏し、洗足祭ならではの贅沢な演目・演出に、大勢の来場者が詰めかけました。



部員たち自身が司会進行を務め、場内を盛り上げていました。




屋外・部室棟前テラスでは、父親の会Fathers’の有志のお父さんたちが屋台を開き、名物「洗足焼き」をはじめ、様々なメニューに在校生・来場者の方々が詰めかけていました。




そして午後からは、グラウンドで吹奏楽部によるマーチングが開かれました。ホールでの演奏とはまた違った、整然とした隊列行進、広さを活かした躍動感ある動きと演奏で、後半の始まりを華やかに飾りました。







高校1年生による研究論文発表会
発表後は質疑応答の時間が設けられました


20を超える参考文献を末尾に添えた論文など、非常に緻密な考証が加えられています



中学1年生は世界各国について調査。その成果をポスターで展示していました。
また食糧問題をテーマに模擬国連も開催。それぞれが各国代表の立場となり、就学率や政治体制、国際関係など、事前に調べ上げたデータを元にしてディスカッションを重ねていました。大人顔負けの意見の数々に、観覧していた方々も次第に加わり、会場全体を巻き込んでの真剣な議論が生まれていました。


各国の文化・社会の研究成果を展示





また、90周年特別企画として、小講堂では『リケジョ・レキジョ討論会』が開かれました。
始めに、徳川ミュージアム理事長・水戸徳川家15代当主 徳川斉正氏と、理化学研究所准主任研究員 肥山詠美子氏による講演が行われ、その後、生徒を交えてのパネルディスカッションが開かれました。



2日目には拉致被害者家族支援講演会が開かれ、横田滋・早紀江ご夫妻を招き、拉致問題解決に向けての思いを伝え、生徒たちは真剣に耳を傾けていました。
また、別室では生徒会の生徒たちが古屋拉致問題担当大臣(当時)を訪問して取材した内容の掲示や、川崎市から提供された横田めぐみさん・ご夫妻の数多くの写真の展示、そして内閣府より提供された拉致問題に関する情報を引き出せるタッチパネル式のモニターを設置していました。
他にも、東日本大震災の復興支援のための物産展、岩手県大船渡市の復興を願った特別講演などが開催されました。

洗足祭の企画・運営は実行委員会の生徒たちによって行われています。「生徒の生徒による来場者のための洗足祭」を作りたい――10年前の生徒会長の熱い思いから始まった、生徒主体による洗足祭。楽しく、華やかで、真剣な数々の取り組みは、情熱と主体的な姿勢が生み出していました。

彼女たちの思いが溢れた洗足祭。まさに『笑顔満祭』の2日間となりました。




新着ニュースが洗足学園中学高等学校のサイトでご覧いただけます。

2014/8/25

オール洗足の音色―創立90周年コンサート―

夏休みも折り返し地点を迎えた8月17日(日)、洗足学園中学高等学校が学園創立90周年を記念して、
サントリーホールにてコンサートを開きました。


当日は大ホールに1600名以上の来場者が訪れていました



プログラム
第1部 吹奏楽部
行進曲「勇気のトビラ」
巴里の幻影
ユーロビート・ディズニー・メドレー
第2部 弦楽合奏部
セント・ポール組曲 作品29-2
第3部 フィルハーモニー管弦楽団(Sオケ)
バレエ『眠れる森の美女』作品66より ワルツ
ヴァイオリン協奏曲ホ短調 作品64より 第1楽章
オラトリオ『メサイア』より ハレルヤ・コーラス、アーメン・コーラス

指揮は東京交響楽団桂冠指揮者、洗足学園音楽大学特別教授・芸術監督で、
世界的に活躍されている秋山和慶先生です。



「音楽に満ち溢れた学園づくり」をスローガンとする洗足学園には、吹奏楽部、弦楽合奏部、合唱部の3つの部と、既存のクラブの枠を超えて誰もが入部できる特別クラブ フィルハーモニー管弦楽団(通称Sオケ)があります。
また、中学1年生から3年生までの3年間で1つの楽器を習得、最後にオーケストラの合奏を行う「楽器演奏習得プロジェクト」があり、音楽の感動を学園全体が共有しています。

第1部の吹奏楽部は部員約130名の大所帯の中から代表として51名が選抜。優雅な楽曲から躍動感溢れるもの、壮大でお洒落なものまで、幅広い演奏で早くも会場を魅了します。
また、普段から動きを取り入れた企画を立て練習に励んでおり、ディズニーメドレーでは、馴染みのある音楽に可愛らしい振り付けを加えた、心弾むステージとなりました。

第2部では弦楽合奏部が演奏。総勢116名を擁し、被災地へのボランティア演奏やディズニーランドでの演奏など日々精力的に活動しており、今回は選抜メンバー57名が登壇。秋山先生の指揮の下、練習の成果を遺憾なく発揮していました。



第3部は洗足学園フィルハーモニー管弦楽団、通称Sオケの演奏です。6年前に結成された、既存のクラブの枠を超えた特別クラブで、167名の団員の多くが、他の部活動と両立させながら日々練習を重ねています。

ヴァイオリン協奏曲では、洗足学園卒業生で、第8回ソウル国際音楽コンクールにおいて日本人として初の史上最年少で優勝した毛利文香さんが独奏。美しい音色に会場からは大きな拍手が送られました。

コーラスでは合唱部と、創立90周年を記念して在校生の保護者・卒業生・卒業生の保護者・教職員などで結成された約400名の大合唱団「コーロ・ヴェルデ」による合唱。4月より練習を積み重ねてきたという歌声は圧巻でした。

みなが特別な思いの下、一丸となって取り組んだ今回のコンサート。90周年を彩るに相応しい、感動のひとときとなりました。

新着ニュースが洗足学園中学高等学校のサイトでご覧いただけます。

2014/1/30

「成人を祝う会」で笑顔の再会

うららかな晴天に恵まれた2014年1月13日、二十歳を迎えた卒業生と保護者を招いた「成人を祝う会」が開催されました。

赤やピンクの華やかな晴れ着に身を包んだ新成人たち。
「おかえりなさい」と笑顔で語りかける前田校長の言葉に、思わず顔がほころんでいました。

「卒業以来、皆に会えてうれしい!」
「お世話になった先生にお酒をついであげたい!」

式典後の立食パーティーでは、先生や久しぶりに会った友達と満面の笑みで語り合う新成人。
保護者の方も「他のご家庭のお子さんが成長された姿を見ると、うちの子も大人になったんだなって実感します」と感慨深い表情。

2013年度から、Mother Port Schoolと銘打ち、卒業後までを含んだ人生の母校(港)としての学園創りに取り組んでいる同校。
今年の6月には、在校生・卒業生の父親が中心となり、大学3年生を対象とした「就職活動セミナー」を開催します。

「6年で終わらない学校」として、在校生・卒業生の成長を見守る洗足学園。
深い教養、高い知性、優れた社会性、そして高い品格をもった人材育成に取り組んでいます。



前田校長と一緒に



前田校長と娘の成長を語り合う保護者の方



大人として決意を述べる新成人代表



高校生の音楽選択者がお祝いの演奏

新着ニュースが洗足学園中学高等学校のサイトでご覧いただけます。

2013/1/10

中学3年生 キャリアプログラム

昨年11月10日(土)に中学3年生はキャリアプログラムを行いました。
おとな・イン・エデュケーション(OiE)というキャリア教育ボランティアに属す若手の社会人の方々を招き、お話しをしていただきました。
身近な大人から仕事の喜びや等身大の苦労話を直接聞くことができ、生徒たちは自分の進路と照らし合わせておおいに刺激を受けました。

以下は生徒の感想です。

<心に響いた言葉>
世の中にはたくさんの仕事がある。

<その言葉を聞いて考えたこと>
自分が生きている社会や世界は小さいと思いました。お話にあったように、私たちが知っている仕事はほんの一部で、 全体の0.3%程にしか満たないそうです。だから、こういうキャリアプログラムという機会に感謝すると共に、十分に活かしていきたいです。
また、自分が興味のあることについて考えてみようかなと思いました。(A・K)



<心に響いた言葉>
やってきたことに無駄なことは無い。
やってきた好きなことが点になって繋がっていく。
偉大な仕事をする→自分が打ち込める事をする。
縦のつながり(先輩)と横のつながり(仲間)を大事にする。
仕事が楽しい→人生が楽しい。

<その言葉を聞いて考えたこと>
私はまだ将来の夢とかは決まっていないけれど、好きなことをやっていけばいつかやりたい職業が見つかるかもしれないと聞いて安心しました。
自分の好きなことを職業にすることが出来るように、好きなことをもっとやって得意なことにしていきたいと思いました。 そしてそれを受け継いで、それをさらに伝えていくことができたらいいと思います。(W・F)

新着ニュースが洗足学園中学高等学校のサイトでご覧いただけます。

2012/11/8

中学3年生 九州修学旅行

10月23日(火)~27日(土)に中学3年生の修学旅行が行われました。 一、二日目は、国際理解の視野をより広く、より深く発展させる目的で、大分にある立命館アジア太平洋大学(APU)で 様々な国の留学生と交流をしました。三日目以降は場所を長崎に移し、戦争当時の講演会や、「長崎証言の会」の皆様のご協力を得たフィールドワーク、また、洗足生が主体となって行った「洗足平和祈念式典」などを通じて、戦争の悲惨さ命の尊さを学習しました。
4泊5日という長い時間を共に過ごしたことで、生徒たち同士の絆もより深まり、思い出に残る修学旅行になったのではと思います。

生徒の感想文、及び、修学旅行実行委員の振り返りを以下に掲載いたします。

「生徒の感想(抜粋)」
今回の修学旅行で学んだ二つのこと、「平和」と「貢献」。どちらも、ただ話を聞いただけでなく、実際に行動し、体感して学んだことだったのでとても心に残っています。 貢献は、自分の今までの経験や未来への希望、何かを実現したいという願望があってはじめて出来るものだということを学びました。

被爆体験のお話やフィールドワーク、平和祈念式典から感じた「平和」。戦争を体験したことのない私たちに、戦争の苦しさや悲しさを理解することは不可能です。 だから私たちはこの毎日の生活が「当たり前」であることや、幸せであることに気づきにくく、不満でいっぱいになってしまいます。

「平和のために貢献できること」。それは自分だけでなく、相手のことも考え、今まで経験したことや学んだことをたくさんの人に伝え、一人でも多くの人が幸せだ、と思えるようにすることです。 小さなことでも、私は私にできることを積み重ねていきたいです。





「修学旅行実行委員の振り返り(抜粋)」
私は4月の係り決めの時、思い出に残る修学旅行を作りたい、実行委員になりたい、と思い、実行委員になりました。 実行委員会では、実行委員会が主体の洗足平和祈念式典の構成を練り始めました。色々なアイディアを出しても平和公園では実現するには難しいこともあり、 ギリギリまで決めることができず、学年発表の前日まで考え続けました。 夏休み後は毎日フィールドワークに向けてクラスのみんなの発表の準備をしたり、平和祈念式典の具体的な準備に入ったりするなど、さらに忙しくなりました。 学旅行では一日目のAPUから司会の担当でした。洗足平和祈念式典は実行委員のみんなが考えていた一番良いものにすることができたと私は思います。 今回私を支えてくれた同じクラスの実行委員のSさん、私たちに協力してくれたクラスのみんな、実行委員長など、たくさんの人に感謝の気持ちでいっぱいです。 (T・M)



新着ニュースが洗足学園中学高等学校のサイトでご覧いただけます。