SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  横浜翠陵中学・高等学校  >  新着情報

新着情報―横浜翠陵中学・高等学校―

2015/10/30

サイエンスラボ~レゴロボットを使ったアクティブラーニング

【理系プロジェクト】

 『理系ゼミ』『サイエンスラボ』『研究室訪問』『科学施設見学』

理系プロジェクトとは、理系の面白さ・身近さ・奥深さを感じながら、興味の翼を思い切り広げ、将来の自分の姿をイメージさせるためにできたもの。

そして今回は、理系進学を高めている同校において昨年度より立ち上げたプロジェクト4コースの1つである『サイエンスラボ』の実験を取材しました。
今回はレゴロボットを活用したプログラミング体験です。
前回は希望する小学生も招いて実験を行いましたが、今回は中学3年生約30名の参加となりました。
全体を4名~5名前後に7チームにグループ分けをし、それぞれのグループには東京理科大学大学院生による実験の説明やアドバイスを受けながら、プログラミングの基礎を理解しつつ自分達で課題解決を図りながらプログラミング 作成体験を行う流れです。

まずは、大学院生リーダーより基本的な操作の説明・PDCAサイクルの説明を行いました。そして目標は以下のようなこととなります。
・プログラムによる計測、制御について学習
・情報処理の手順を考え、簡単なプログラムを作成
・アクティブラーニング(今回はPDCAサイクル)を導入し課題解決能力を養う






続いて各グループでグループの大学院生より具体的な操作説明とPDCAの説明を再度行い生徒にはお互いが学び教えあう姿勢で課題実験を行いました。






課題クリアに向け各グループは考え・意見に基づきプログラミングの修正等を行い徐々に解決へ!! (動かし始める⇒問題発生⇒みんなで考える+大学院生に相談(答えは言わない)⇒解決)

グループで目標達成!!『やったー!!』





参加した生徒の感想は
・プログラミングはしっかりやれば自分の思った通り動かすことができることがわかった
・でも一つ間違うと思い通りにならない
・基礎を知ることが重要だとわかった
・楽しかった、達成感があった
・みんな意見を出し合いと理解し合えることも感じた
・逆に人の能力や頭をつかうことは凄いと思った

冒頭でも案内した通り横浜翠陵中学校高等学校では、理系教育として学校内に留まらず大学研究室や外部施設への見学など中学からのイベントも目白押しで、まさに学校全体で生徒の目標作りに多くの情報提供を行っているようだ 。
結果理系の進学実績も目を見張るような結果(48名⇒103名)となっており、今後も注目の的だ。



横浜翠陵中学・高等学校のウェブサイト にて最新ニュースをご覧いただけます。