SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  成城中学校・成城高等学校  >  新着情報

新着情報―成城中学校・成城高等学校―

2014/9/9

グローバル社会に向けて 『エンパワーメント・プログラム』開催

8月11日(月)から15日(金)にかけて、エンパワーメント・プログラムを実施しました。

昨年度よりスタートした本プログラム。英語力の向上はもちろんのこと、自己理解や異文化理解を促進し、グローバル社会で活躍するための人間力やスキルを培うことを目的としています。

今年度は、中3を対象とした基本編(Basic)と、高1・2を対象とした発展編(Advanced)の2コースを設置しました。成城生85名、カリフォルニア大学の学生13名と東京大学の留学生4名が参加。成城生5名と大学生1名のグループで、英語によるディスカッションやプレゼンテーションに取り組みました。

【基本編】


『アイデンティティーについて考える』


『英語を上達させるには?』


プレゼンの準備


グループごとにプレゼンテーション






「英語を話せるようになりたかったので参加しました。知らない単語がけっこう出てきて、ボキャブラリーが増えたかな。高2までやりたいと思います」(中3)

「コミュニケーション力がついたと思います。昨日は大学生を交え、みんなで新宿に買い物に行きました。携帯のアプリや日本のアニメの話で盛り上がりました」(中3)


休み時間


一緒にお弁当



【発展編】


アクティビティで新校舎を爆走


『高齢化社会について考える』


プレゼンの準備


グループごとにプレゼンテーション



「伝える意志が大事だと思いました。ボキャブラリーはあまり関係ない。伝えようと思ったら伝わる。日本人は引っ込み思案とよく言われますが、外国の人を見ているとそれじゃ絶対にいけないということが本当にわかりました。主張しなきゃ負けと思えるようになりました。そして、主張をするには、ポジティブシンキングが大事だとも思いました」(高1)

「母に勧められて参加しました。最初は『めんどくさいな』と思ったんですけど、参加しないなら今年のお小遣いはなしと言われて(笑)。でも、参加してみたら、すごく楽しい。昨日は帰りに油そばを一緒に食べに行ったんですが、ズルズルと音を立てて食べない、音の立て方がわからないと言っていて、習慣の違いに驚きました」(高1)

「ホームステイ先として大学生を受け入れているので、家でもいろいろ話をしています。去年も参加したんですが、予習をあまりやらなくて、何か聞かれても全然答えられなかったので、今年はしっかり予習をしています。そうしたら、答えられるし、自分から話もできるので、予習って大事だなと思いました」(高1)

「ディスカッションでは、人それぞれ、思っていることと考えていることが違うんだなと思いました。国によっても考え方が違いますね」(高2)

「休み時間に、大学生と遊んだり、たわいもない話をできるのがすごく楽しいです。去年も参加したんですが、座学だけでは得られない生のコミュニケーション能力が身に付いたと思います。今年は、去年に比べて社会問題も加わり内容が重い。考えることも哲学的になっていたり、大学生に説明しなければならないところもあったり。ただ、そこが去年やっているからこそ。じゃあ、今年はここまで突っ込んでみよう、とか、去年やったところがここまでだったから、じゃあ今年はそこからまた深めて考えられるかなとか。ディスカッションでは、活発な議論ができました。英語じゃなくても、十分役に立つ話でした。大学生はたかが2、3年ですけど、人生の先輩。大学で学んでいることや、これから生きていくうえで必要な糧になるような話も聞けたりして、とてもおもしろかったです」(高2)

成城中学校・成城高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。