SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  湘南白百合学園中学・高等学校  >  新着情報

新着情報―湘南白百合学園中学・高等学校―

2014/2/12

燃える球技会

湘南白百合学園へと続く道を歩いていると「ワーッ」という歓声が聞こえてきました。
「すごく盛り上がりますよ」という生徒の声に誘われて、2月6日(木)、7日(金)に行われた球技会を取材してきました。

同校の球技会は体育委員会が中心となり、各部活動の協力を仰ぎながら生徒主体で企画から運営までを実施。
当日は中学の部と高校の部において、クラス毎に4つの競技で、種目別と総合の優勝を競います。

7日には各種目の決勝戦が行われました。


まずは卓球


敗戦に涙



高校の部卓球で優勝した高2キク組の生徒は
「昨年、一昨年と高2キク組が総合優勝を果たしているので、私たちもそれに続こうと練習してきました。私たち高2にとっては最後の球技会。だから他の種目も絶対に勝ちます!」


バドミントン




中学バレーボールAでは、中1ユリ組が先輩たちを撃破し決勝へ進出するも、中3ウメ組の前に惜しくも敗北。
生徒は
「勝つ自信はありました。というか、最後まであきらめたくなかった。決勝は負けちゃったけどここまで残れてうれしかったです。初めての球技会でしたが、こんなに楽しくて熱くなれるなんて!学年のチームワークも生まれるいい機会です」


中学バレーボールA


中1の快進撃を新聞委員会が取材



高校バレーボールA決勝は、高2サクラ組対高1キク組のカード。
どちらも拾いまくる好ゲームで、試合はフルセットへ。
高2サクラ組が同学年からの大声援を背に、高1キク組をジュースの末退け、勝利。
「キャプテンが引っ張ってくれたおかげ」とチームメートが言えば、「みんなに感謝」とキャプテン。
「最後に優勝で終われてよかったです。決勝戦は今まで練習した以上の力が出ました。みんなの声援が後押ししてくれたんだと思います。練習の最初の頃は声もあまり出てなかったんですが、最後はみんな『自分を出していこう』とがんばりました。目的に向かってみんな本気で取り組むから、こんなに盛り上がるんだと思います」


高校バレーボールA


優勝決定の瞬間



高校バスケットボール決勝は高2キク組とユリ組の同学年対決。
一進一退の攻防を繰り広げるも、じりじりと差が開き、ユリ組が勝利。
敗れたキク組の生徒は
「目標は『全員で楽しむこと』。全員でどう動くか戦略を練りました。負けちゃいましたけど、自分はやれるだけのことはやったし、何よりチーム全員がシュートを打てたし、楽しめたので満足してます。中学のころは『先輩たち、すごいな。いつか私も決勝に出たいと思っていたので、最後に出られて良かったです。この球技会はクラスの仲が深まったころに行われるクラス最後の行事。好きなスポーツを通じて一致団結できる、私の中では一年で1、2位を争う大きなイベントです」


高校バスケットボール




担任の先生もこの日はチームカラーを纏う



卒業生も見学に来ていました。
「後輩に日にちを確認して来ました(笑)。球技会は一番クラスが団結する行事。クラスの良さを実感します」

水原校長は
「一年をともに過ごした仲間たちと一緒に頑張ることで生徒たちは充実感を感じるようです。また、学年毎にクラス替えを行いますので、学年が上がるにつれて、学年間の仲も深まります。この行事を通じて感じた『あきらめない』という小さな精神を積み重ねていくことで『最後までがんばる。がんばれば、何事も克服できる』という大きな精神力につながります」

湘南白百合生の最後の一瞬まであきらめない精神と心から「がんばれ」と声援を送る姿、何事にも一生懸命に取り組む姿勢を目の当たりにした球技会でした。

湘南白百合学園中学・高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。