SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  湘南白百合学園中学・高等学校  >  新着情報

新着情報―湘南白百合学園中学・高等学校―

2014/9/22

真夏に咲いた笑顔==高校生模擬裁判選手権関東大会8連覇達成

8月2日(土)、東京地方裁判所にて行われた第8回高校生模擬裁判選手権関東大会で、湘南白百合学園高等学校は見事に優勝を果たし、第1回からの連覇記録を8に伸ばしました。

高校生模擬裁判選手権とは、日本弁護士連合会が主催、最高裁判所、法務省、検察庁などが共催する大会で、1つの架空の事件を題材に、現職弁護士の支援を受けながら、検察側、弁護側の立場として訴訟準備を行い、模擬法廷を開くというもの。双方の立場を経験することで、多面的な物事の捉え方や論理的思考、主張の表現方法を学び、刑事手続の意味や刑事裁判の原則を理解することを目的としています。裁判官席には、現職の裁判官、弁護士、検察官、大学教授、マスコミ関係者が座り、法廷での証人尋問、被告人質問、論告や弁論について、内容や態度などを審査し、優勝校を決定します。

今回の出場校は以下の8校でした。
静岡県立浜松北高等学校(静岡) / 湘南白百合学園高等学校(神奈川) / 東京学芸大学附属高等学校(東京) / 東京都立小石川中等教育学校(東京) / 法政大学中学高等学校(東京) / 山梨学院大学附属高等学校(山梨) / 早稲田大学本庄高等学院(埼玉) / 早稲田大学高等学院(東京)

模擬裁判当日に向けて

湘南白百合では、例年、同大会に向けて4月から始動。法律や裁判に関する基礎知識の習得から裁判の傍聴、検察庁や弁護士事務所、裁判所訪問などを行います。
7月に入り、大会で取り上げられる事件について本格始動。

今回の題材は「母さん助けて詐欺」。


事象を洗い出し、黒板に


配布された架空の起訴状や供述調書、証拠物などに基づいて、事件の全体像を把握し、争点を整理。 その後、検察側、弁護側の立場で、それぞれのストーリーを構築し、証人尋問、被告人質問、論告、弁論のシナリオを練ります。



リハーサルを目前に控えた7月23日。学校を訪れると、生徒たちは作成した主尋問を支援弁護士の方に見てもらっていました。



支援弁護士の先生からダメ出し。
「主尋問について、全員に共通して言えることですが、人のことを信じ過ぎです。被告人は有罪になりたくないから嘘をつくかもしれない。人を疑うことも必要です。主尋問の主旨はわかりますか?」と講義が始まりました。

S・Rさん(高1)は
「今のままじゃ全然だめだと思うし、覚悟も全然足りていないと思います。本番まであと2週間しかないんですけど、2週間もあると考えて一生懸命がんばりたいと思います」。

去年に続いての出場でリーダーを務めるO・Sさん(高2)は
「前回大会を経験したことで土台はできているので、記録に関しても客観的に読み込むことができますし、みんなの動きも客観的に見ることができます。そういうところはいいかなと思います。みんなは優勝って心にあるみたいなので、優勝したいと思います」と意気込みを語っていました。

支援弁護士の先生は
「すごく真面目で一生懸命にやっているなというふうに思います。刑事訴訟の趣旨について、もう少し理解が必要な面も見受けられますが、まだ始めの段階なので、どれだけ伸びていくのか楽しみですね」と話していました。

そして迎えた模擬裁判当日

出場校8校が弁護側、検察側の立場で2試合を戦います。



第1試合はくじ引きで対戦相手が決定。

湘南白百合学園は早稲田大学本庄高等学院と対戦。弁護団として、堂々とした戦いぶりでした。
ちなみに、模擬ではありますが法廷内での撮影は許可が下りず写真なしです。ごめんなさい。

第2試合の対戦校は、主催者が決定。
検察側として、東京学芸大学附属高等学校と対戦しました。

審査員の方から「極めてハイレベルでした。竜虎相搏つと言いますか、がっぷり四つの横綱相撲で一歩も譲らずと言うか、本当に審査員一同、舌を巻きました。湘南白百合は実によく考え抜き、作りこみ、堂々たる女王相撲と言いますか、クイーンにふさわしい試合振りだったと思います。主尋問では、実に肝心なことを証人自らの口から引き出していたと思います。反対質問では、具体的に食らいつく姿勢が大変印象的でした。論告もポイントにしっかりと触れていましたし、そつがありませんでした。大変素晴らしい試合でした」と評価を受けました。

そして、閉会式。
「準優勝は東京学芸大学附属高等学校。優勝は湘南白百合学園高等学校です」と発表されると、生徒たちは控えめに「きゃー」と喜びを表していました。


優勝校としてあいさつ



チームを率いたO・Sさんは
「本当にうれしいです。自分たちの悪いところにきちんと向き合って、それを一人だけでなく、全員が補っていくことを考えられた結果だと思います。直前の2週間は期末試験前日のような勢いで取り組んだので、けっこうみんなつらくて、体が持たなかったところもあると思います。でも、みんなで優勝を目指してがんばって、こうして取ることができて本当によかったです。連覇のプレッシャーよりも、緊張して今までやってきたことが出せなくなる方が怖かったんですが、自分たちの力を発揮することができました。リーダーとして周りを見るだけでなく、自分もきちんと成長できたし、本当に楽しめました。来年、また優勝を取りたいくらいのうれしさなんですけど、来年は高校3年生。出られないので、後輩に託して、9連覇を狙ってほしいと思います」と笑顔でした。

支援弁護士の先生は
「優勝の一番の要因は生徒が自分の頭で考えて、想像力を働かせることができるようになったからだと思います。本番前の2週間は、資料の見方を習得させるために、被告人の立場だったら実際にどうするかというように、それぞれの立場になって、いろいろなシチュエーションを考えさせました。8連覇は結果であって、生徒ががんばった後についてきたものなので、連覇ではなくて、生徒たちが自分の能力を伸ばしたこと、そこに私は感動しています」と話していました。

担当教諭の熊本秀子先生は
「今年のチームは仕上がりに時間がかかり、数日前まで悲惨な状態だったです。支援弁護士の先生が本当に寄り添ってくださって、考えを引き出す、教えるのではなく引き出すという強い姿勢でやってくださったので、生徒は頭を悩ませながら取り組んでいました。学校行事なども見ていますと、白百合の生徒たちには最後までにあきらめないという精神が見られます。その白百合の精神で生徒たちは最後までやり抜きました。今日もたくさんの方々に応援していただき、本当にありがとうございました」。

熊本先生の言葉の通り、卒業生、在校生をはじめ、歴代の支援弁護士など、たくさんの方々が応援に駆けつけていたのが、印象的でした。
卒業生の一人、第3、4回の同大会に出場したH・Yさん(慶応義塾大学法学部3年)は
「弁護士の先生方は、高校生のために膨大な時間や労力を使ってくださっている。卒業してから、より深く理解できるようになりました。こんなに他人のために熱くなれるのはすごいこと。本当に尊敬しています。私も、そのマインドは絶対に忘れないようにしていきたいです。学校の先生方をはじめ、湘南白百合に関わってくださる方々は本当に純粋に他人のために動いてくださる方が多い。ですから、生徒もその姿を見て同じ気持ちを持つようになるんだと思います」と話していました。

湘南白百合学園中学高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2014/2/12

燃える球技会

湘南白百合学園へと続く道を歩いていると「ワーッ」という歓声が聞こえてきました。
「すごく盛り上がりますよ」という生徒の声に誘われて、2月6日(木)、7日(金)に行われた球技会を取材してきました。

同校の球技会は体育委員会が中心となり、各部活動の協力を仰ぎながら生徒主体で企画から運営までを実施。
当日は中学の部と高校の部において、クラス毎に4つの競技で、種目別と総合の優勝を競います。

7日には各種目の決勝戦が行われました。


まずは卓球


敗戦に涙



高校の部卓球で優勝した高2キク組の生徒は
「昨年、一昨年と高2キク組が総合優勝を果たしているので、私たちもそれに続こうと練習してきました。私たち高2にとっては最後の球技会。だから他の種目も絶対に勝ちます!」


バドミントン




中学バレーボールAでは、中1ユリ組が先輩たちを撃破し決勝へ進出するも、中3ウメ組の前に惜しくも敗北。
生徒は
「勝つ自信はありました。というか、最後まであきらめたくなかった。決勝は負けちゃったけどここまで残れてうれしかったです。初めての球技会でしたが、こんなに楽しくて熱くなれるなんて!学年のチームワークも生まれるいい機会です」


中学バレーボールA


中1の快進撃を新聞委員会が取材



高校バレーボールA決勝は、高2サクラ組対高1キク組のカード。
どちらも拾いまくる好ゲームで、試合はフルセットへ。
高2サクラ組が同学年からの大声援を背に、高1キク組をジュースの末退け、勝利。
「キャプテンが引っ張ってくれたおかげ」とチームメートが言えば、「みんなに感謝」とキャプテン。
「最後に優勝で終われてよかったです。決勝戦は今まで練習した以上の力が出ました。みんなの声援が後押ししてくれたんだと思います。練習の最初の頃は声もあまり出てなかったんですが、最後はみんな『自分を出していこう』とがんばりました。目的に向かってみんな本気で取り組むから、こんなに盛り上がるんだと思います」


高校バレーボールA


優勝決定の瞬間



高校バスケットボール決勝は高2キク組とユリ組の同学年対決。
一進一退の攻防を繰り広げるも、じりじりと差が開き、ユリ組が勝利。
敗れたキク組の生徒は
「目標は『全員で楽しむこと』。全員でどう動くか戦略を練りました。負けちゃいましたけど、自分はやれるだけのことはやったし、何よりチーム全員がシュートを打てたし、楽しめたので満足してます。中学のころは『先輩たち、すごいな。いつか私も決勝に出たいと思っていたので、最後に出られて良かったです。この球技会はクラスの仲が深まったころに行われるクラス最後の行事。好きなスポーツを通じて一致団結できる、私の中では一年で1、2位を争う大きなイベントです」


高校バスケットボール




担任の先生もこの日はチームカラーを纏う



卒業生も見学に来ていました。
「後輩に日にちを確認して来ました(笑)。球技会は一番クラスが団結する行事。クラスの良さを実感します」

水原校長は
「一年をともに過ごした仲間たちと一緒に頑張ることで生徒たちは充実感を感じるようです。また、学年毎にクラス替えを行いますので、学年が上がるにつれて、学年間の仲も深まります。この行事を通じて感じた『あきらめない』という小さな精神を積み重ねていくことで『最後までがんばる。がんばれば、何事も克服できる』という大きな精神力につながります」

湘南白百合生の最後の一瞬まであきらめない精神と心から「がんばれ」と声援を送る姿、何事にも一生懸命に取り組む姿勢を目の当たりにした球技会でした。

湘南白百合学園中学・高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/12/28

クリスマスミサ・奉仕活動

12月17日(月)、待降節も3週が過ぎクリスマスムードも増す中で、本校白百合ホールにおいて、一足早いクリスマスミサが祝われました。
今回は、カトリック町田教会の小池亮太神父様が司式してくださいました。ホール内には美しいトーンチャイムの音色が響き渡り、趣向を凝らした装飾が私たちを楽しませてくれました。
「天におられる神様は、私たちが必要なものは何でも与えてくださる。しかし、その日、私たちにお与えくださったものは、幼く、貧しいイエス様だった。そのイエス様が私たちのそばいつもいてくださることの意義をじっくりと考えてみましょう」という神父様のメッセージを受け止めて、クリスマスを過ごそうと思いました。




ミサに預かった後、今年の夏、東北にボランティア活動に行った生徒たちの活動報告を聞きました。
「私たちにできることを考え、何よりも忘れないでいることが大切だ」というメッセージが生徒たちの心に響いたようです。



午後に行った奉仕活動では、中1、2は石鹸に添えるクリスマスメッセージを描く活動、中3、高1はタオルにハート型の刺繍をする活動、 高2、3はクリスマスカードを書く活動をし、それぞれ午前中にミサやボランティア活動報告でいただいたメッセージを胸に、 それぞれが気持ちを込めて活動することが出来ました。

湘南白百合学園中学・高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/10/19

聖ポーロ祭~咲

聖ポーロ祭が、10月6日(土)・7日(日)に行われました。
前日の5日に行われた講演会には、元フジテレビアナウンサーで、現在は弁護士である菊間千乃様を講師にお迎えました。
講話の中の「自分が納得する」「目の前のことを頑張る」「夢を持つ」などのキーワードは、 きっと生徒の心に残るものとなったことでしょう。

文化祭当日の部活動や委員会、自由参加団体の発表も平素の活動の成果が発揮され、来校された多くの皆様に喜んでいただけました。
そのことは今年のテーマである「咲」が実ったことの証でしょう。
生徒の皆さんには、この行事を通じて得た感動と達成感を大切に、 充実した学校生活を送ってほしいと願っています。

前日の様子




当日の様子











湘南白百合学園中学・高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/04/07

入学式

桜の花が新入生を待っていたように満開を迎えた4月7日に、白百合ホールで中学・高等学校入学式が行われました。
新入生はコサージュを胸につけ、緊張しつつも晴れやかな表情で式に臨みました。
新入生代表の挨拶では、70回生として学園の伝統を受け継ぎながら、これからの新しい時代をリードする、 凛とした強さを持つ白百合の花のような女性になりたいという決意が述べられました。
参列者の温かい祝福の拍手の中、新入生は新しい学校生活に向けて歩みだしました。


講堂での入学式の様子です



湘南白百合学園中学・高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。