SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  相模女子大学中学部高等部  >  新着情報

新着情報―相模女子大学中学部高等部―

2015/2/17

【部活人】写真部「表現を通じたコミュニケーションの形」

世界二大自然フォトコンテストの一つ、『Nature’s Best Photography(NBP)』の日本大会『ネイチャーズベストフォトグラフィージャパン(NBPJ)』。この大会の2013年度ジュニア部門で、相模女子大学高等部3年 写真部の貫井真菜実さんが入賞を果たしました。


入賞作品「母の背」

貫井さん 祖母に長野県の上高地に連れて行ってもらったのですが、野性の猿が沢山いたんです。その時は必死に撮り、後で見た中からこの写真を選びました。題名は母猿が子猿を背負っていて、しっかりと守っている姿に目を惹かれたので、そこから付けました。

この作品は他の入賞作品と共に、横浜赤レンガ倉庫など全国3カ所で展示されました。

貫井さんは他にも日本写真家協会が主催する国内最大級の写真展『JPS展』20歳以下部門でも入選を果たしています。また他の部員も前年のNBPJ での特別賞、JPS展入選など、毎年のように結果を残しています。 しかし驚くことに、入部した段階では全員が初心者。活動日数が多いわけでも、特別な指導を行っているわけでもないそうです。それではどこに才能を開花させる秘訣が隠されているのか、お話を伺ってきました。

高校のみの活動。部員数は現在8名。
活動日は木曜日。
主に校内の撮影や各コンクール・文化祭用の作品制作、合宿を行う。

大会を成長のきっかけに

写真部で主に応募しているのは上記2大会。どちらも数あるコンテストの中でも大規模なものです。そこに入部したての初心者の状態で応募させるのだと顧問の関昌代先生は言います。

関先生 いきなり大きい所に出させるんです。JPS展は10年くらい続けています。NBPJに関しては世界最大級とあったので、日本最大に行ったのだから今度は世界最大に挑もうと。「さすがに無理だろう」という声もあったのですが、貫井さんと一緒に頑張って、結果が出てきた。

もちろん本人や保護者の承諾を得た上でのことですが、毎回多くの部員が挑戦しているそうです。貫井さんも高1のとき、入部したばかりでJPS展に応募し入選しています。

貫井さん 入選するとは全然思っていなかったです。写真以外でも賞をもらうということ自体が初めてだったので、すごく嬉しく、自信にもなりました。

写真を始めたばかりで、まだまだ力不足だと自覚している段階でチャレンジする。そこで想像以上に自分たちの作品が世の中に届くのだと知る。そこに、才能を伸ばす鍵があります。思いがけない評価は自信につながる。更にその自信は自分ではまだ気付かなかった才能を知ることでもあるので、成長に直結した価値の大きいものになります。






貫井さんのJPS展での入選作品『影・ I II III』


初参加から現在に至るまでJPS展には毎年応募しています。もちろんその間にも部員は代替わりするのですが、それでも毎年のように結果を残しています。しかも写真は個人での活動。それもほぼ初心者から始めて、数カ月後には大学生に混じって(JPS展は20歳以下部門なので大学生も対象)表彰されるのです。そこで大事になるのが「感性」と「インパクト」です。

『感性』と『インパクト』


2013年のJPS展には貫井さんの他、2人の部員が入選しています(写真左から日本写真家協会会長 田沼武能氏、写真部部員の大橋さん、後藤さん、貫井さん、同協会副会長 熊切圭介氏)

きっかけを与えた上で、次はどうやって成長を促すか。しかし関先生は、カメラの使い方や設定を最低限教えるのみで、具体的な指導は行わないそうです。

関先生 撮影をどんどんやることが成長につながると私は考えているんです。貫井さんも部活動の時間以外にも積極的に外へ撮影に出かけたりと頑張っています。単純に数だけではないのですが、様々な経験にもつながり、成長する上で大切なことだと思います。


貫井さん自身、誰からも撮り方は教わらず、自分で色々と試したり、撮影に行った際に周りの人を参考に独学で学んでいったそうです。

「ファインダーをのぞいたら1人ですから。誰かがシャッターを押してくれるわけではなく、最後に決めるのは本人です」(関先生)。だからこそ、正解を教えるのではなく、自分から学んでいく姿勢が作品を左右します。

関先生 今時のカメラってシャッターを押せば誰でも撮れるんですね。そこで違いを出すには、本人が何を感じているかをいかに写真に写せるかだと思います。あまり教えてしまうと頭でっかちになってしまって、いい作品にならないんですね。顧問をずっとやってきて分かってきたのは、結局本人の感覚、その時思った気持ちが乗っかっている写真が一番良くて、それが見てくださった方にも伝わることで、結果につながっていく。

技術ではなく感性を大事にすることで、予定調和でないそれぞれの個性が磨かれていく。
そしてそれを相手に伝える上でインパクトを重視します。インパクトとは、相手に自分の作品を見てほしいという意思表示です。だからこそ相手の立場を考えることが求められます。

貫井さん 自分の中でインパクトと思っていても、相手から見たら全然違うものだったりしたので、そこは難しかったです。
関先生 NBPJは審査する方が全部アメリカ人だったので、選んでくれるものがこちらと少し違うんです。そこで文化を子どもたちが感じる。直接言葉で知るのではなく、写真を通して実感できるというのは面白いなと思います。

『感性』も『インパクト』も、数値化されるものではありません。だからこそ、不断の努力が作品に大きく影響します。

言葉にならない交流


NBPJ展でNBP CEOスティーブン・フレリー氏と
 
 

写真部は総勢8人とごく小規模です。普段は部員同士で騒いだり、撮影方法を相談するということはなく、個々に撮りたいものを撮るという活動スタイルをとっています。だからこそ、そこに早期からのコンテスト参加が大きな意味合いを帯びてきます。

関先生 貫井さんの猿の親子の作品を見たときはみんな悔しがっていました。他にも、例えば先輩の作品を見て自分も撮りたい、展示してみたいとなったり。みんな自分が強いので、ある部分では誰もがライバル。それでレベルが高くなるんです。だからNBPJに応募する際も、他の部員の作品もレベルが高くてお互いにびっくりしたんです。


撮影は個人活動ですが、作品を通じた交流があります。それぞれの活躍が目に飛び込み刺激を受ける。その影響は少人数であれば尚のこと大きいものになります。その状況を作ること自体が、何よりも成長の糧になっているのです。

貫井さん 自分で写真を撮っているときもそうですが、他の人の作品を見ることもすごく楽しく、刺激を受けます。
関先生 生徒たちは一番多感な時期だから刺激してあげれば膨らむんです。現実に全然やったことがない子が入ってきて、いきなり大きな舞台に立っている。心さえ色んなものに感動したり、動いていればいいんです。言葉にならなくても、目の前にあるものを写真で切り取って、誰かが見て感動してくれたら嬉しいじゃないですか。それが部活のスタンスです。


インタビュー中、貫井さんは即座に返答するのではなく、ゆっくり丁寧に、言葉にならない部分まで深く考え、伝えようとしており、その姿が印象的でした。写真という媒体を通じて、日常に埋もれがちな情景に新たな価値を見出し、そこに観る人々が感動する。これもまた交流の一つの形です。

貫井さん 普段の学校生活では、友達とわいわいしているときが一番楽しいです。本気で笑って、すごく楽しいなと思います。

相模女子大学中学部高等部ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2014/12/3

積み重ねた想い ―第46回相生祭―

11月3日(月)・4日(火)に開催された相生祭。学園全体での催しとあり、キャンパスの各地で様々な催しが行われています。今回は中高等部校舎内の企画を中心にご紹介します。


廊下には中高の生徒が作成した相生祭のポスター候補が


相生祭のポスターも、テーマ同様に学園全体で公募を行っており、今年は高等部3年生の作品が選ばれました。


中学部は学習展示として各学年ごとにテーマを決めた展示や発表を行いました。相模女子では調べ学習を推進しており、新聞作成など様々な制作を通じて興味を深く掘り下げる力を養います。


中でも中学3年生は『土曜講座』として、年間を通して調べ学習・プレゼンテーションに取り組んでおり、KP法(紙芝居を使った発表法)を用い、内容の整理、紙と言葉を駆使して他者に自分の意見を伝える方法を継続して学んでいます。
「今回の発表は、6月の修学旅行で訪れた京都・神戸・広島の文化や平和についての事前学習からはじまっています。訪れた後はその経験を踏まえ、新聞作成を行いました。そこから更に、その中でも何に特に興味を持ったか、それぞれがテーマを探します。例えば京都はあぶらとり紙が有名ですから、そこから派生して化粧品。神戸の異人館で貿易に興味を持ち、そこでオランダと貿易を行っていた歴史を知り、オランダを題材にするといった具合に、それぞれが派生したテーマを決めて進めていきます」(中間義之教諭)


当日の発表は時間制限があり、その中で自分の伝えたいことをまとめ、伝えられるように練習を重ねてきました。
「いつも教室で練習していたので他の発表を見て自分のものにしてみたり。準備の手順も人によって色々で、文章を作ってから紙芝居を作る子や、その逆など様々なんです」(中3生徒)
また他の生徒は「良い体験をできました」と感想。
「これからの日本は新聞でも言われているように、発表することが大切なので。アメリカの学校ではあるらしいですが日本では少ないので、こういうことを通じてできたらいいなと思います」

これらの取り組みは、来年3月に最終的な発表として披露されます。


発表の場を後にし、各教室を訪れると、授業や部活動での様々な制作物の展示が行われていました。












また各部活動による企画も盛んに行われています。特別校舎にある茶道室では、中学の茶道部部員によるお茶会が開かれました。


今回のテーマは「かぐや姫」
月への憧れ、竹取物語の世界をイメージした演出が随所に散りばめられていました



弓道部


アーチェリー部



軽音楽部によるグラウンド特設ステージでのライブ


当日は保護者や一般来場者の方々に加え、卒業生の姿もあり、恩師の先生方と旧交を温めている場面が多く見られました。こうした縦のつながりや、地域との数々の触れ合いが、相模女子を彩る魅力となっています。



幼稚部から大学まで、学園総動員で行われた相生祭。サガジョたちの魅力の詰まった2日間となりました。

相模女子大学中学部高等部ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2014/12/2

一期一会の想い ―第46回相生祭―

11月3日(月)・4日(火)に相生祭が開催されました。
相生祭は相模女子大学をはじめ、幼稚部から大学までが一つになって行う大規模な学園祭。2日間でおよそ2万人が来場する、相模原市でも指折りのイベントです。


今年のテーマは『想い~この時、この一瞬を、この仲間と~』
高等部3年生の候補が学園全体のテーマに採用されました



学園ならではの大規模な企画が数多く催される中、特に注目なのが開会式の後に行われる市中パレード。小学部から大学までの生徒たちがグラウンドから行進を始め、相模大野の駅までを往復する、相模原市の風物詩です。
鼓笛隊、吹奏楽、チアリーディングなど、相生祭のはじまりにふさわしい目にも鮮やかなパフォーマンスに、多くの来場者や地域の方々も、一目見ようと列をなしていました。



学園に戻り、中高の校舎を訪れるとこちらにも歓迎のゲートが。
当日は学園統一企画の他に、中高独自の催事も多く、大学にひけをとらない賑わいを見せていました。



入口では書道部のパフォーマンスによるお出迎えが行われていました。








中高特別校舎との側道には「ワールドフーズ」と題して高校2年生が出展。テントが軒を連ね、ひときわ大勢の来場者の方々が訪れていました。
世界の食をテーマにしたこの出展は、各国の食品販売の他、食文化を調べたパネル展示も行われています。
来場者投票による「相生祭コンクール」では、各店舗の人気投票の結果、2年1組のロールキャベツが見事1位を獲得しました。







一方、グラウンドでは市中パレードを皮切りに、学園統一企画やミスコンなど華やかな企画が目白押しとなっています。午前中はグランドドリルが催され、幼稚部の発表、小学部鼓笛隊の演奏に続き、中高吹奏楽部によるマーチングが披露されました。


発表に先がけて吹奏楽部の部員の方々にお話を伺いました。
「普段の練習でも基礎から楽器を持って動く練習をしていて、今回の発表に向けては1カ月ほど練習を重ねました」
「見所はルーティン。長方形に整列して、形を変えずに移動します。一歩が62.5cmと決まっていて、まっすぐになる場面で少しでもずれると見栄えが悪いので、そのあたりを特に意識しています」


「これに出るのが夢で相模女子に入学しました」と語る部員もいるなど、今回の発表への意気込みは相当なもの。その言葉に違わず、見事なパフォーマンスで来場者の足を止め、釘付けにしていました。



その後、中央の特設ステージでは学園のマスコットキャラクターのお披露目が行われました。今年4月発足した『学園キャラクター・プロジェクト』により学園全体に公募を行い、幼稚部から大学院までの在校生・教職員の応募の中から、大学4年生の作品、『さがっぱ・ジョー』が選ばれました。


応募総数105点の中からは、中高からも2名が入賞しました


壇上に上がった瞬間「カワイイ!」と歓声が


学園の新たな顔を迎えて、更なる盛り上がりを見せる相生祭。
レポートはまだまだ続きます!

相模女子大学中学部高等部ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2014/10/21

総勢200人超の応援合戦!―相模女子体育祭―

9月13日、相模女子大学中学部高等部で体育祭が開催されました。 「1年で最も盛り上がる日」と生徒たちが声を揃えるこの行事。中学1年から高校3年までをそれぞれ赤・青・黄・緑の4組に分け、学年混成のチームで競技を行います。
前半ではその模様を写真を中心に、後半は各組の応援団長のインタビューと応援合戦についてお伝えします。



開会式


100m走






障害物リレー


騎馬戦





また相模女子体育祭の風物詩といえば『はて?何になるでしょう』。高校3年生の各クラスが仮装をしてパフォーマンスを披露する名物企画です。全校生徒や保護者の方々も、これは見逃せないとトラックのそばに集まるなど、注目度の高さがうかがえました。




毎年必ず担任の先生も参加しています。男の先生の場合、女装をすることもしばしば






そして体育祭の花形、応援合戦です。各組それぞれに応援団がつき、応援団長を中心に、50名以上の団員が6月の結団式から練習を重ねてきた成果を披露しました。
「高3が中心になって、曲や振り付け、衣装、構成などを決めるのですが、意見が食い違ったりしてまとめるのが大変でした。とにかく意見を出し合って、お互い納得した上で決めていくという形で進めていきました」
こう語ったのは緑組団長の橋本真美さん(高3)。副団長志望だったそうですが、当初の団長が部活動の関係で体育祭に参加できないことになり、急遽団長に就任したそうです。
「ずっとクラスの仮装(『はて?何になるでしょう』)を楽しみにしていて、まさか団長をやるとは思っていなくて。でも決まったからには『やるしかない』と心に決めて取り組みました」(橋本さん)
青組団長の町田晴来乃さん(高3)も、「勉強との兼ね合いもあり、考えていなかった」そうですが、「立候補していた子が部活動の大会が近く、代わりをお願いされて、オーディションの末選ばれました。受験も控えているので不安もあったのですが、やるからには頑張ろうと」


赤組の応援


黄組の応援



2人とも突然の団長就任ではありましたが、「やるからには勝ちたかったので」と、決意を固め、大所帯をまとめあげ、最終的には応援合戦で緑組は優勝、青組は準優勝という結果を残しました。



「青組にとってライバルは緑組だったんです。練習中の緑組の演技を見る機会があったのですが、焦っていたからか、唖然とする子や泣いちゃう子もいて。わたし自身は他と比べちゃいけないと思いつつも、泣いているところを見ると不安になって。でもそこでわたしも落ち込んだらいけないと、泣いている子に『自信を持っていいんだよ』と伝えて。最終的に2位と言われたときは地面にベタッと崩れて、あー負けちゃったかと受け入れる感じでした。でもやっぱり悔しさもありましたね」(町田さん)




「緑組は過去に優勝してきた卒業生の話を伺って、それを踏まえて選曲したり、応援団なんだから声を出していこうとコールを取り入れ、構成などはバレエをやっている子がいたので彼女を中心に、チアの動画などを参考に作っていきました。優勝が決まったときは最高に嬉しかったですね。高3はほとんどが泣いていました。わたしは嬉しいと笑ってしまうんですが(笑)」(橋本さん)




最後に、団長として応援団をまとめてきた2人に感想を聞くと、
「(みんな強い思いで臨んでいただけに)途中で意見が割れたりして心が折れそうになったりもしたんですが、でも最後はどの組もいい形で披露できたのでよかったです」(町田さん)
「団長だからというより、周りのみんなが支えてくれたから、引っ張っていけた気がします」(橋本さん)


緑組応援団長の橋本さん(左)、青組応援団長の町田さん(右)



全校生徒が一丸となって取り組む体育祭。特に高校3年生は、自分たちが主役となり盛り上げていきます。そしてその努力やパフォーマンスを目の当たりにした後輩たちが、憧れ、次の世代へと引き継いでいく。こうした連綿とした伝統が体育祭を一層華やかに盛り上げていました。

相模女子大学中学部高等部ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2014/02/04

言葉の力で心を動かす「主張コンクール」

冬の寒さが和らぎ、一足早い春の空気が満ちた1月25日。
今年で40回目を迎える、中学部・主張コンクールが開催されました。







全中学部生、教員、そして保護者を前にした5分間のモノローグ。

「どんなに朝が早くても、必ずお弁当を作ってくれるお母さん。照れ臭くて言えないけど、本当にありがとう」 家族に素直になれない、そんな思春期特有の心の葛藤を語る生徒。
修学旅行で訪れたひめゆりの塔で「戦争中、一番怖かったのは、日本兵だった」という戦争体験者の言葉から受けた衝撃を語る生徒。
「当たり前」と見過ごされがちな、協調性や「空気を読む」、正義や勇気を身近な出来事と関連づけて疑問を投げかける生徒。

生徒による採点(クラス予選)によって、各クラスから2名ずつ選抜された計20名が、パワーポイントなど視覚情報を使わずに自分の言葉だけで思いを伝えました。

聴く側の生徒たちは、発表者一人ひとりの主張に、コメントを記し、評価します。
だからこそ、発表者を見つめる生徒の顔は真剣そのもの。

感じたこと・考えたことを人前で話す、しっかり聞く、そして評価する。民主主義の基本となる三要素を学ぶことがコンクール開催のねらいです。

昨年は、緊張から原稿に目を落としてしまう生徒も多かったそうですが、今年はどの生徒も、堂々と前を見据え、聞き取りやすいように声や速度を工夫するなど、「伝える力」をしっかり発揮していました。

「始まるまでは緊張しすぎて泣きそうでしたが、思いを話すことができてよかったです。ここまで来たら、来年も頑張りたいです」と、はにかみながら話してくれたのは、2年連続で最優秀賞に輝いた中学2年生の生徒。

普段から調べ学習の発表などでプレゼンテーション慣れしているという生徒たち。10代ならではのフレッシュな感性と飾らない心。それを言葉に換える力を相模女子大学中学部では育んでいます。





司会も生徒が担当




身ぶり手ぶりを交えず、言葉だけで伝える







発表者の言葉を熱心にメモし、採点する




山田副校長から賞状が手渡された




賞を獲得した6名




相手に敬意をあらわす伝統の「真の礼」



相模女子大学中学部高等部ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2013/02/12

【高等部】美術部 全日本学生美術展 受賞作品展示

全日本学生美術展に出品した高等部美術部員の作品が東京都美術館(上野)で展示されています。
皆様、ぜひご高覧ください。

<受賞生徒>
推奨:高等部1年 高松さん 油彩画「すぐそばに」 (*推奨は個人の最高賞です)
佳作:高等部2年 平本さん 油彩画「金魚鉢に入ってみたら」
佳作:高等部2年 遊佐さん 水彩画「視線」

<展覧会>
第57回全日本学生美術展
平成25年2月9日(土)~2月14日(木)
9時半~17時半(入場は4時半まで)*最終日の入場は14時まで 東京都美術館 2階 第一展示室

相模女子大学中学部高等部ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/11/27

高等部 第3回どくしょ甲子園で学校賞を受賞!

特進コース2年生が参加した「第3回どくしょ甲子園」の結果が発表され、本校が「学校賞」を受賞しました。「どくしょ甲子園」は1人で書く読書感想文のコンクールと違い、1冊の本をグループで共に読み、 語り合って見つけ出した本の魅力を表現した1枚の読書ボードが作品となるコンクールです。学校賞は応募作品の出来栄えの他、応募作品数や取り上げた本の多様さが評価対象とされ、主催者である朝日新聞社・全国学校図書館協議会によって選ばれます。表彰式は2013年1月19日(土)午後2時から、浜離宮朝日小ホールで行われます。

今年で3回目を迎える、朝日新聞社主催の「どくしょ甲子園」。昨年の2年生の力作に負けじと、今年も特進コースの2年生が読書会およびボード作成に挑戦しました。震災後の子どもたちを描いた『つなみの子どもたち』に、本との巡り合わせを描いた短編集『さがしもの』、さらには、昨年に続いて人気の『変身』や、同じ「変身もの」の安部公房の『赤い繭』……。読書会で取り上げられた本は、ジャンルも作られた時期も実にさまざまです。


話し合いをしながら読書ボードを仕上げていきます


「一瞬の風になれ」では、胸を熱くした場面について時間を忘れて話し合いました


「神去なあなあ日常」では、楽しそうな掛け合いも思わず口をついて出てきました


伝えたいことを表現できているか、レイアウトを工夫します


本を読んで感じたことを誰かと共有するのがこんなに楽しいなんて!今まで知らなかった、クラスメートの意外な「顔」、発想の面白さが、本を手がかりに発見できた!こんな感想が聞こえてきました。今年も11月の相生祭でボードのカラーコピーを展示いたします。本が大好きな人はもちろん、ふだんあまり本を読まない人もぜひお立ち寄りください。あなたもきっと、来年の「読書会」に参加したくなりますよ。


「つなみの子どもたち」を読んだグループは、震災時の新聞記事を使い、モノクロで表現


「西の魔女が死んだ」のグループは、本から得たイメージを、ボード全体で表現しました


相模女子大学中学部高等部ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/09/13

中学3年生 勉強合宿

今夏に長野で行なわれた勉強合宿の様子をお伝えします。

<1日目>
中学部3年生は、8/21から8/24の4日間、蓼科パークホテルにて勉強合宿を行ないました。
8時40分に学校を出発し、12時15分会場のホテルに到着しました。クラス写真を撮影し、昼食、開校式その後に勉強スタートです。頑張りましょう!!

1日目の授業時間
1限 14:30~15:45
2限 16:00~17:15
3限 20:00~21:15


開校式を行います


授業の様子です


<2日目>
勉強合宿の朝は、6:30の体操から始まります。
朝食後、授業のスタートです。
2日目、3日目は75分×6校時+自習時間90分=9時間勉強します。


朝の体操の様子です


授業の様子です


<3日目>
本日も6:30の体操からスタート。朝食後、授業です。
昨日同様、本日も9時間勉強しました。


夕食の様子です


係会議の様子です


<4日目>
勉強合宿もついに最終日となりました。本日は午前中に60分×3校時の授業を行いました。その後、昼食、閉校式を行い、13:00に蓼科パークホテルを出発しました。16:50に学校に到着し、勉強合宿も終了となりました。
1日中勉強をしたこの4日間を終えた生徒たちの顔は達成感で満ち溢れていました。2学期からが楽しみです。(17:00に解散しました。)


3、4、5組は、「スカイレーダー」を使って、教室のある城戸ホールへ移動しました


最後の昼食は、スパゲティーでした


閉校式で4日間お世話になったホテルの方に、ご挨拶をしました


学校での解散式です。これで本当に終了です


相模女子大学中学部高等部ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2011/03/04

相生祭(学園祭)

幼稚部から大学院までを擁する総合学園ならではの大規模な学園祭です。
開会式の後に行われる市中パレードは名物の一つです。
また、展示物、露天、部活体験など様々な催しが行われました。




相模女子大学中学部高等部ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。