SCHOOL 教育の心をつなぐ Visual Magazine [スクール]

中学・高校受験生のためのスクールライフビジュアルWEBマガジン

このサイトは中高一貫の魅力を、オリジナル記事とビジュアルで
伝えるスクールマガジン「SCHOOL」のWEB版です。

SCHOOLへのご意見・ご要望・お問い合わせ 定期購読のお申込み

TOP  >  学校を探す  >  川村中学校・高等学校  >  新着情報

新着情報―川村中学校・高等学校―

2014/11/5

「共生」を学ぶ 職業探究プログラム その3

高校1年生が4月から取り組んでいる職業探究プログラム「クエストエデュケーション」。
7月には、実在の企業6社から課題(=ミッション)が発表されました。
そこで、生徒たちはグループごとに、企画会議を重ね、プランを立案。
10月11日(土)には各教室で中間発表(所要時間3分)が行われ、ミッションを提示した企業の一つである株式会社H.I.S.の風間健氏も来校していました。

今年は中間発表にスライド資料を用いたグループが2組も登場!
同校がこのプログラムを導入して4年目になりますが、ミッションの発表から1カ月後となる中間発表において、スライドを作成したグループは初めてとのこと。



振り付きです!


H.I.S.の発表です。

リソースとは何かという言葉の定義から始まったプレゼンテーション。
なぜ若者が旅に行かないかという原因の究明から、プランを立案しました。

風間氏からは「弊社にリソースがないものですので、私の発想にはなく、非常に印象的でした。可能性として十分に考えられると思います」と講評をいただきました。

発表を終えた生徒に、時間がない中で、スライドづくりまで持っていったのは大変だったのでは? と声をかけると「確かに時間がなかったので、放課後に残って取り組みました。でも、紙だと動かないし、動く方がみんなが楽しめるし、画面が大きいから見やすいかと思って。クラスのみんなから『よかったよ』と言ってもらえたので、うれしかったです。本番の発表は10分。中間発表では時間を気にして入りきらなかった案があるので、その点を詰めていきたいと思います。それから、パワーポイントをもっと進化させて、よりわかりやすくしたいです」と話していました。




クレディセゾンの発表です。

「まず、10年先の世界を想像してみました」というプランは、10代ならではのユーモアたっぷりの内容。




オムロンの発表です。

聴衆が見やすいように、資料を手に各テーブルを回っていました。




大和ハウス工業の発表です。

「みなさんは減災という言葉を知っていますか?」という問いかけから始まったプレゼンテーション。

風間氏からは「減災ということで、災害をいかに防ぐかというところだと思ったんですけど、思いもよらない展開が大変印象的でした。また、とても斬新な発想が出ていて、面白かったです。その発想を実現させるための計画まで考えていくと、聞いている人により説得力を与えられると思います」

「このグループには、演劇部に所属する生徒がいるので、演出に工夫をこらしていますね。合唱コンクールの時も、寸劇仕立てで曲紹介をしていました(笑)」と先生。



発表後には、生徒たちの感想を各グループにフィードバック。
本番に向けてのブラッシュアップが始まりました。


株式会社H.I.S.の風間氏と


風間氏に発表の感想をうかがいました。
「まだまだ中間発表なので粗削りなところはありましたが、発想はとても面白かったです。今日、他のグループの発表を聞いたこと、いろいろな意見をもらうことで、また壁にぶつかると思います。それをいかに自分たちの中で消化して、固めていけるか。とても楽しみです。また、このプログラムを通じて、企業活動をより深く探求してもらうことで、社会の仕組みや身の回りで起きていることに、もっと興味関心を持って、自分なりに考える力を身につけていってもらいたい。それらが将来の日本をより良くするためのアイディアにつながるからです。企業側としても、生徒さんたちに自社について研究していただくことは非常に喜ばしいことです。是非、ミッションの本質を理解してもらい、我々にとっても刺激的な発想を期待しています」

本番のプレゼンテーションは10分間。12月に行われる予定です。


川村中学校・高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2014/7/7

「共生」を学ぶ 職業探究プログラム その2

6月21日(土)、高校1年生の取り組む探求型学習カリキュラム「クエストエデュケーション」では、企業の実務体験として、アンケート調査を実施し、集計作業を進めています。



アンケートは、その企業や業種に関連する内容で、調査結果をまとめることで、企業や業種について、理解を深めます。

「友達にアンケートをお願いすることが多く、10代の数が多くなってしまいました。逆に知り合いが少ない20代、30代の声があまり拾えなかった」
「アンケート対象として、学校の先生方はいろんな年齢層がいてよかったんですが、同じ職業だと考え方が似ているのかと思って、家の人だったり、知り合いだったり職業がバラバラになるように注意しました」と生徒たち。



データをパソコンを用い、グラフ化します。



調査結果を基に考察。
クレディセゾンのグループでは
「日本で一番使われているのはJCBだけど、世界で一番使われているのはアメリカンエキスプレスだったよね?
アンケートでは、セゾンを使っている人はあまり多くなかったね。多くしたいところだけど」
と愛社精神が芽生えた模様。



「いろいろな人の意見を聞いて、いろいろな考えの人がいるんだなと思いました。
その分、まとめるのが大変です。(笑)」
アンケートは調査レポートとしてまとめ、各企業に報告。
クラスで報告会も行います。

川村中学校・高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2014/6/4

「共生」を学ぶ 職業探究プログラム その1

4月22日、高校1年生のプログラムである「職業探究プログラム」の第1回目が行われました。

川村学園では、国際化が進み多様化する現代社会で「生きる力」を培うため、総合的な学習の時間を活用しています。
各学年において、生命、環境、自覚、共生、平和、自立とテーマを設定。事前学習を経て、校外学習を実施し、事後に自分の考えをまとめ、発表を行います。

高校1年生は「共生」がテーマ。
「職業探究プログラム」として、探求型の学習カリキュラム「クエストエデュケーション」を導入し、今年で4年目になります。
クエストエデュケーションとは、企業におけるインターンシップを、教室で体験学習するもの。1年間の流れは下記の通りです。

①インターン企業の決定
実在する企業6 社(2014年度はH.I.S、オムロン、クレディセゾン、スカパーJSAT、大和ハウス工業、テーブルマーク)の中から希望の1 社を選択。チームを編成。
②新人研修
担当企業の商品やサービスについてフィールドワークを実施。
③実務
アンケート調査を実施。
④ミッション(課題)に取り組む
各企業より提示されたミッション達成に向け、プランを立案。中間報告を経て、プレゼンテーションを行う。
⑤活動の振り返り

「プログラムを通じて、社会における人との共生を体験してもらいたい」と堀内美由紀教頭。
企業活動を体験することで、働くことの意義や社会、経済への理解を深め、課題解決力やプレゼンテーションスキルを会得、また、自分自身の将来に向き合うことにもなります。
「今回は、外の世界に目を向けていくということ。何に出会えるか、すごく楽しみです」と生徒たち。

初回の授業では、まずワークブックが配布されました。

表紙を裏にして配ります。
「表紙は見ないでね」と先生。
「ええー、何でー?気になる~」と生徒たち。



先生の「せーの!」の掛け声で、全員が一斉にワークブックを掲げ、自分のものとご対面。
実は、一人ひとりの感性や創造力、表現力を活かしてほしいとの思いから、表紙が1冊、1冊違うのです。



「かわいい!」「ビミョー!」「ユカちゃんのは、雰囲気にぴったりだね」と大盛り上がり。




「これから1年間付き合っていくうちに愛着がわくかな」と生徒たち。

そして、オリエンテーションが始まりました。



まず、「企業理解度チェックテスト」。
「なくなったら困る企業は?」の質問に
「任天堂。ゲームが好きだから」
「カルピス。カルピス菌はカルピスでしか作れないから」
「DeNA。野球チームが消滅してしまうかも」。
他にも食品会社、電力会社、携帯電話会社などなど。
そこから、企業の社会における役割や概要について学びました。



次に「自分の仕事意識を知る」として、自分の住みたいところ、自分の好きなフレーズ、自分の好きな行動の三項目をつなぎ合わせ、そこから連想される職業を考えました。
「学校でわくわくと運動する人。だから、体育の先生か運動する楽しさを伝える人」
「フランスでキラキラと雑誌を見る人。だから、カメラマン」
「八丈島でまったりと映画を見る人。だから、映画のコメンテーター」
「自分について深く考えるいい機会になりました」と生徒たちは話していました。

川村中学校・高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2013/2/4

特別授業

1月にはさまざまな特別授業が行われました。それらを紹介します。

【平成25年1月30日】
お魚をさばく講座。
初めにアジのカマを取り、身の部分と中骨の部分を三枚におろし、 パン粉をつけて、
オーブンで調理しました。




【平成25年1月28日】
裁判員制度-社会を見つめる-
高校3年生は、いよいよ2年後には裁判員の選出条件である「20歳以上の、選挙権をもつ国民」となります。
裁判員制度についての正しい知識を身につける第一歩になりました。

【平成25年1月29日】
裁判員裁判の評議体験をしました。
なぜ裁判員制度が導入されたかというお話を弁護士の方からうかがいました。
その後、6~7名のグループに分かれて被告人の①殺意の有無②正当防衛にあたるか否かについて評議し、
量刑を決めました。







【平成25年1月28日】
川村の思い出をクラスソングに!クラスの仲間が協力してクラスソングを作りました。
発表会では、感謝の想いが、奏でる歌声から伝わってきました。




【平成25年1月25日】
理科室で最後の実験に取り組みました。
溶液を混ぜて常日頃使っている繊維(ナイロン)ができることに驚きました。
生徒たちはできるだけ長い繊維が作れるように慎重に作業を進めました。




川村中学校・高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/12/27

第3回 入試対策講座のご案内

1月12日(土)14:00~実施  6年生を対象に入試対策講座を開催いたします。

最終回となる第3回は、「プレ入試」を行います。
入試直前の仕上げの勉強に、また試験当日の雰囲気を体験できる最適な機会になっています。
保護者の方には、お嬢様が講座に参加されている間、講座見学のほか、
お料理の体験講座にご参加いただけます。 参加、不参加のどちらかをお選びください。
なお、個別相談ブースでは教科に関するご質問もお受けいたします。 こちらは予約不要ですので、
ご希望の方は当日お申し出ください。
入試対策講座と保護者対象体験講座のご予約は参加日の前日までにお願いいたします。

入試対策講座【6年生対象】
●2教科:1科50分。終了予定時刻は16:05(持ち物:筆記用具)
●4教科:1科50分。終了予定時刻は17:20(理科・社会は2科で50分前後)

体験講座【保護者対象】
本校の調理実習室を実際につかっていただくことのできる機会です。ぜひご参加ください。
●所要時間:90分前後
●持ち物:エプロン・ハンドタオル

こちらより、WEB申込ができます → 

学校ウェブサイト

2012/12/27

高校1年 クエストエデュケーション(企業探究プログラム)

12月15日に高校1年のクエストエデュケーション(企業探究プログラム)が行われました。
当日は、主催者スタッフと参加企業を代表して大和ハウスの方が来校され、
さまざまなアドバイスをいただきました。


いよいよ各企業のミッションに向けての発表。 皆緊張の中でプレゼンテーションを行いました。



川村中学校・高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。

2012/10/16

交流学習

10月8日からコルベカトリックカレッジ(オーストラリア)の生徒(11名)のホームステイが始まり、
9日から本校での交流学習が始まりました。


心と心が通じ合いました




日本の武道に挑戦しました。中学選択授業の合気道「かた」を一緒に学びました



「旅行計画を立てよう」"Let's make a trip plan!"という課題に取り組みました。
まとめたことを楽しく、分かりやすくみんなに伝えるかを各グループで工夫し、発表することができました。


積極的に交流し、学習を深めています



川村中学校・高等学校ウェブサイト にて最新ニュースがご覧いただけます。